青汁はサンプルを試した方がいい?購入前に確認しておきたいポイント

青汁によっては、無料サンプルが用意されています。しかし、すぐにでも青汁を始めたい場合、サンプルを試すのを面倒に感じますよね。実際のところ、サンプルを試す必要性はどのぐらいあるのでしょうか。ここでは、青汁はサンプルを試した方がいいのか、購入前に確認しておきたいポイントについて詳しくご紹介します。

青汁のサンプルのタイプは?

青汁のサンプルには、次のようなタイプがあります。

1包のみのタイプ

粉末青汁の場合、1包のみ送られてくることが基本です。飲み方の説明書やチラシ、青汁の魅力がわかるパンフレットなどが同梱されているため、購入を検討しやすくなるでしょう。また、1包のみのタイプかどうかは申し込む前に確認できます。

購入ページのサンプルの項目に「サンプル品0円」、「送料無料」、「お試しサンプル」などと書かれているので確認してみてください。

割引価格で1ヶ月お試しできるタイプ

厳密にはサンプルではありませんが、割引価格で1ヶ月分を購入できる青汁もあります。青汁の効果は、ある程度続けなければわかりません。商品の品質や効果を実感してもらうために、メーカーは割引価格で青汁を提供しているのです。

定期コースの初回のみ割引価格のパターンは、解約しなければ自動更新になるため注意しましょう。割引価格で単発購入できるタイプは、購入後に解約手続きなどは必要ありません。

青汁のサンプルを試すメリット

青汁のサンプルを試すのを面倒に感じる方は多いのではないでしょうか。青汁のサンプルを試すべきかどうか正しく判断するために、サンプルを試すメリットを確認しておきましょう。

味が自分に合っているかどうかがわかる

青汁を選ぶときは、栄養成分だけではなく、自分好みの味かどうかも確認が必要です。どれだけコストが低くて栄養が豊富に含まれていても、味が好みでないと長く続けられないでしょう。青汁は、長く続けることで効果を実感しやすくなるため、サンプルで味を確認することが大切です。

効果を実感できるかどうかがわかることも

青汁は長く続けなければ効果を実感できません。ただし、栄養が非常に不足している方が飲む場合は、1杯からでも効果を実感できる可能性があります。青汁を飲んだ翌日に体調の変化を感じた場合は、栄養が補われて身体の機能が整ったのかもしれません。

また、初回限定の割引価格で1ヶ月続ける場合は、効果を実感できるかどうか確認しやすいでしょう。なお、効果を実感できなくても、青汁の栄養が身体の機能に良い影響を与えている可能性があります。栄養はとった分だけ身体に吸収されて、身体の機能維持に役立てられます。

費用と効果のバランスを確認できる

青汁の効果を実感できた場合は、費用対効果を確認しましょう。効果に対して費用が高すぎる場合は、購入しない方がよいでしょう。青汁は長く続けることが大切なため、半年や1年後をイメージしてください。

1杯あたり100円と200円の青汁は、1ヶ月で約3,000円、半年で約2万円、1年で約36,000円も差があります。費用と効果のバランスを踏まえて、長く続けられる青汁を選びましょう。

定期購入の利用で後悔しない

青汁は、単発購入よりも定期購入の方が価格が安くなっています。そのため、最初から定期購入する方が多いでしょう。しかし、サンプルを試さずに定期購入した場合、思っていた青汁と違った際に後悔する恐れがあります。

サンプルで青汁の味や効果などを確認し、納得してから定期購入を申し込めば、後悔することを防げるでしょう。

副作用の有無を確認できる

青汁には、さまざまな野菜が使用されています。中には、これまで一度も食べたことがない野菜が含まれた青汁もあるでしょう。もし、その野菜にアレルギーがあると、青汁をやめざるを得なくなります。

このようなアレルギーの有無を確認できることもサンプルを試すメリットです。ただし、長期的に続けて初めて副作用が現れる場合もあるため、サンプルで問題がなかったら副作用が絶対に起こらないわけではありません。

青汁のサンプルを試さずに定期購入するデメリット

続いて、青汁のサンプルを試さずに定期購入するデメリットについて詳しくみていきましょう。

自分に合わなかったときに金銭的な損をする

定期購入をしてから青汁が自分に合わないことに気づいた場合、損をしたことになります。月4,000円の青汁に例えると、1ヶ月目で自分に合わないことに気づいた場合は4,000円の損、2ヶ月目で気づいた場合は8000円の損です。

サンプルを試した段階で自分に合わないことに気づけると、損をせずに済みます。サンプルは一般的に送料がかからないため、文字通り1円も損をしません。

定期購入をキャンセルするときにペナルティを受ける

定期購入には、解約にルールが設けられている場合がほとんどです。例えば、最低3ヶ月続けなければキャンセルできなかったり、キャンセル料がかかったりします。中には、一切のペナルティや縛りがない青汁もありますが、そのような青汁に絞り込むと候補が少なくなるでしょう。

より多くの青汁から自分に合った青汁を見つけるためにも、事前のサンプルで相性を確認しておくことが大切です。

青汁のサンプルを試すときに見るべきポイント

青汁のサンプルで確認したいのは、効果や味だけではありません。青汁のサンプルで確認しておきたいポイントについて、詳しくみていきましょう。

青汁の味が自分好みかどうか確認しましょう。甘くて飲みやすいといった口コミがあっても、自分が求める系統の甘さではない可能性があります。例えば、黒糖のような甘味をイメージしていたところ、実際にはフルーツの甘味だったなど、同じ甘味でも全く異なる味の場合があるのです。

青汁を口に入れたときに最初に感じる味だけではなく、後味も確認しましょう。後味が悪いと、口の中に嫌な味が残って不快に感じる可能性があります。後味がスッキリしていて、その後の飲食に支障をきたさないことが理想です。

舌触りやのどごしなど

水に溶けにくい青汁は、ダマや粉っぽさが残る場合があります。舌触りやのどごしが悪い青汁は、飲むときに不快感を覚えるため、飲みたくなくなるかもしれません。舌触りやのどごしを正しく確認するために、メーカー推奨の飲み方で試しましょう。

また、水に溶けにくい青汁はシェイカーを使えばしっかり溶ける可能性があります。ただし、外出先でも青汁を飲みたい場合は、シェイカーが不要な青汁を選ぶことをおすすめします。

また、シェイカーを使ってまで、その青汁を選ぶメリットはあるのかよく考えることが大切です。シェイカーを使う手間を踏まえてもメリットが大きい場合は、候補に入れてもよいでしょう。

携帯性

外出先でも青汁を飲みたい場合は、携帯性を確認しましょう。中には、縦7cm×横3cmほどのスティックタイプの青汁もあります。携帯性に優れていれば、バッグに問題なく入り、いつでも簡単に取り出せます。外出先でもストレスなく青汁を飲みたい方は、携帯性を優先事項とすることが大切です。

体調の変化

青汁で体調に変化が起きたかどうか確認しましょう。1包だけ試しても体調に変化が起こるケースはほとんどありません。しかし、割引価格で1ヶ月分を試している場合は、体調に変化が起こる可能性が十分にあります。

自分が求める変化が起きた場合は、候補に入れた方がよいでしょう。

副作用の有無

青汁を試したところ副作用が現れた場合は、候補に入れない方がよいでしょう。対したことがない副作用だと思っていても、長く飲んでいるうちに症状が強くなる可能性があります。副作用によって青汁の効果が打ち消されたり効果を実感しづらくなったりする場合もあるため、副作用が現れた時点で候補から外すことが大切です。

費用対効果

費用対効果とは、費用に対する効果の高さのことです。価格が高いのに効果が低い、価格が安いのに効果が高いなど、青汁によって費用対効果が異なります。青汁は、飲みやすさや味、携帯性も考慮して選ぶ必要があるため、費用対効果が低いからといって、即座に候補から外すべきとは限りません。

しかし、費用対効果が低い青汁は途中でやめたくなる可能性があるため、可能な限り費用対効果が高い青汁を選ぶことが大切です。

青汁のサンプルを注文すると勧誘される?

青汁のサンプルを注文した場合、メーカーからしつこく勧誘されるのか気になる方が多いのではないでしょうか。青汁のサンプルを注文したときの勧誘の有無について、詳しくみていきましょう。

メーカーによっては勧誘される

結論から言えば、青汁のサンプルを申し込むとメーカーによっては勧誘されます。青汁が届いてから3日~14日以内ぐらいに電話がかかってきて、青汁の感想を尋ねられます。感想を伝えると、その内容次第では定期購入を勧められるでしょう。

「もし、よろしければこのお電話で定期購入をお申込みいただくことも可能です」などと勧められるため、その場で申し込むことを検討してみてください。また、一切の勧誘がないメーカーもあります。勧誘の有無はインターネットの口コミサイトで確認できますが、メーカーの方針が変わっている可能性もあるため、鵜呑みにしない方がよいでしょう。

勧誘されたくない場合は、サンプルを申し込むときの備考欄に「勧誘は不要です」などと記載しておいてください。

チラシが届くようになることも

メーカーによっては、青汁だけではなく他の健康食品や美容機器などのチラシが届くようになる場合があります。チラシが届いても他のチラシと一緒に捨てるだけであれば、大きな問題ではないでしょう。チラシが届くのが不快な場合は、メーカーに停止を求めましょう。

勧誘やチラシは簡単に断れる

勧誘やチラシは基本的に簡単に断れるため、気にしすぎないことが大切です。申込時に「勧誘不要・チラシ不要」などと備考欄に記載すれば、どちらも簡単に断れます。そのため、勧誘やチラシが不快なことを理由に青汁のサンプルを申し込まないというのは避けたいところです。

まとめ

青汁のサンプルを試せば、味や費用対効果、携帯性など、さまざまな情報を入手できます。全ての項目を踏まえて、自分に合っているかどうか考えましょう。サンプルを試すことで、思っていた味や飲みやすさではなくて後悔する事態を防げます。サンプルは送料無料で申し込める場合がほとんどなので、ぜひ試してから青汁の購入を検討してください。

関連カテゴリー

関連記事