青汁とグリーンスムージーの良いとこどり「青汁スムージー」とは?

青汁スムージーでさらに栄養強化

青汁とスムージーは、コンビニでも売られているほどメジャーな飲み物となっています。
両者とも手軽に栄養補給ができる飲み物として人気があります。

この2つをハイブリットした飲み物青汁スムージーは、さらに効率良く栄養補給ができるため幅広い年齢層から人気急上昇中です

今回はこの「青汁スムージー」についての詳細やおすすめ商品、アレンジレシピまで一挙にご紹介します。
より健やかな毎日を過ごしたい方は是非、チェックしてみて下さい。

青汁スムージーとは?

青汁スムージーはケールや大麦若葉、明日葉などの青汁独自のスーパーフードを原材料に使用しながら、グリーンスム―ジーの栄養価も取り入れており、両方のいいとこ取りの飲み物といえます

プロテインなどのタンパク質や、穀物類、きのこ類など青汁単体では摂れない栄養素が補えるため、よりバランス良い食生活が実現します。

商品によっては、チアシードやキヌア、アサイー、マカなど今話題のスーパーフードも含まれるため、栄養補給にプラスしてシェイプアップ効果や美容効果を高めてくれます。

青汁とは違ってとろみがあり、満腹感を得られる商品が多いのでファスティング前後や、おやつ代わりに摂取しても食べたい気持ちをサポートしてくれます。

青汁とグリーンスムージーの違い

ところで青汁とグリーンスムージーの違いはご存知でしょうか。
一見、似たようなものと認識されがちですが、作り方や原材料に違いがあります。
また作られた由来や背景、歴史にも違いがあり、これらを知っていると商品を購入する際に参考になりますよ。

グリーンスムージーとは

グリーンスムージーは、生の葉野菜にフルーツや水を加えてミキサー(ブレンダー)で混ぜ合わせた飲み物のことを指します
普通のスムージーは冷凍した食材を使うかアイスクリームなどの乳製品や砂糖などを入れることもあるため、デザートに近い感覚になります。

対してグリーンスムージーは常温の食材を使用するため体が冷えにくく、美容や健康をサポートしてくれます。
発祥は90年代のアメリカで、ロシアから移住したばかりのヴィクトリア・ブーテンコ氏によって開発されました。

移住でアメリカンフードに切り替わったことにより、家族全員が体調に不調をきたしたことがきっかけとなったそうです。

DNA配列が90%同じ、チンパンジーの食生活からヒントを得てグリーンスムージーを取り入れた結果、見事体質改善に成功したことから世間に知れ渡り普及しました。

日本では最近になって著書とともに紹介され、一躍有名になっています。

青汁とは

青汁は緑黄色野菜、ケール、大麦若葉、明日葉などの栄養価が高い葉野菜を特殊な技術で粉末化、もしくは冷凍化した日本発祥の健康食品です

一部の葉野菜は一般家庭では調理が難しく、青汁を利用することで効率良く摂取ができるため昔から重宝されています。

日本最古の医学書「医心方」には青汁の原型と思われるものが記載されていますが、正式に青汁として普及されたのは1940年代といわれています。

岡山県の倉敷にある病院の院長でもある遠藤 仁郎博士が最初に提唱し、普及されました。

遠藤氏は自身でも青汁を飲み続けることを実践して97歳と言う長寿を全うしています。
当初の青汁はケールを原材料にしていたため苦味が強く、飲みにくいにもかかわらず健康によい飲み物として世間に浸透しています。

現在では味の改良や原料の多様化により様々な種類の青汁が発売され、冷凍タイプより粉末タイプが主流となっています。

栄養価の比較

青汁とグリーンスムージーでは原材料が異なるため栄養価やカロリーも異なります。

グリーンスムージーは自分で作る場合、季節の野菜や果物を使用します。
市販のものであれば、メーカーによって原材料は異なり、基本的にスーパーで売られている野菜や果物が多く含まれます。

青汁は先ほどお伝えしたケールや大麦若葉、明日葉など一般の調理では食べづらく、スーパーなどでは手に入りにくい野菜を原料に使っています。

そのため、グリーンスムージーのカロリーは一杯当たり平均約200カロリー、糖質50g前後であるのに対し、青汁は約10カロリー、糖質30g以下となります(商品や作り方によってバラつきはあります。)

青汁スムージーは栄養補給のハイブリッド

上記の説明からわかるように、青汁とグリーンスムージーのハイブリットである青汁スムージーは様々な種類の野菜や果物が手軽に摂取できます

青汁スムージーに含まれる食品の数を自分で集めるのは相当な手間がかかるでしょう。
また自分で調理すると量が増え、鮮度が限られるため一日に飲む量が制限されてしまいます。

青汁スムージーでは、このような悩みを解消し効率よく健康と美容をサポートします。

青汁スムージーのおすすめ商品

栄養特化型スムージーVI-DA「ヴィーダ」120g 健康 野菜ジュース 青汁ダイエット スムージー グリーンスムージー 乳酸菌無香料・無着色・砂糖不使用 葉酸 サプリ ダイエット 鉄分 粉末 送料無料

無着色・砂糖不使用で女性に嬉しい成分いっぱい!

ケールや大麦若葉などの野菜14種、スーパーフード18種に乳酸菌やソイプロテイン、コラーゲンペプチドやヒアルロン酸、豚プラセンタエキスなどが含まれた万能スムージーです。話題のスーパーフード、チアシードが含まれるためとろみがついて満腹感も実感できます。ピーチ風味で飲みやすく、1杯たったの22Kcalなのも嬉しいところ。人工甘味料不使用にくわえ、ISO22000認証を受けた国内工場で生産されているため、安心して摂取できます。

ルリビオ おいしいグリーンスムージー300g [ショップチャンネル]【青汁】

172種類もの植物発酵エキス配合でキレイをサポート

水溶性食物繊維とサイリウムハスク(オオバコ科植物の種皮)の食物繊維を主成分に、172種類の植物配合エキスやおから粉末、大麦若葉やケール、桑の葉などの乾燥野菜粉末、8種類の国産野菜、6種類の穀物類などが配合されています。
さらに果物類や海藻類など数多くの食品が含まれているのがこの商品の特徴といえます。
味はフルーツミックス味で、この商品もチアシードが含まれるためとろみがあります。
原材料の種類がなるべく多いものをお好みの方におすすめです。

【乳酸菌スムージー 金時草】15包入 乳酸球菌EF-2001含有 超高濃度

毎日スッキリしたい方に。北海道原産「金時草」使用
強い抗酸化作用を持つポリフェノールアントシアニンや、βカロテン、GABAなどを豊富に含んでいる「金時草」と特別栽培農産物として認証されたお茶を主成分に、乳酸菌を配合した青汁スムージーです。乳酸菌の中でも選び抜かれた「エンテロコッカス・フェカリスEF- 2001」を1包中に約5000億個配合されています。さらに煎茶の約20倍に値するカテキンが毎朝のスッキリを実現し、表情を明るくしてくれます。
毎日スッキリしたい方、鏡の前で悩むことが多い方におすすめです。

【飲む美容液 プロテインダイエット】女性 ソイプロテイン 青汁 おいしいプロテイン グリーンスムージー 置き換えダイエット ボディーメイク ビタミン ミネラル コラーゲン 人工甘味料不使用 無添加 

ダイエットフードで数々の賞受賞!無添加なのに美味しい

水溶性食物繊維をはじめ大麦若葉などの野菜粉末や果物、ナッツ類、ソイプロテイン、豚のコラーゲンペプチドやコエンザイムQ10などが含まれたスム―ジーです。この商品の特長は、なんといっても無添加で1食分のタンパク質が約11800mgと多いことです。さらに食べたい気持ちをサポートするL- カルニチンも配合されているため、肌や髪をつややかにしながらのシェイプアップが可能です。フィットネススタジオが開発元であるため、トレーニングのお供にもってこいの商品です。

グリーンケールスムージー<機能性表示食品>約10回分 【ファンケル 公式】 [ FANCL 粉末 スムージー グリーンスムージー 青汁 ケール フルーツ チアシード 健康ドリンク 健康食品 健康 飲み物 ドリンク 美容 健康飲料 野菜不足 美容ドリンク 食物繊維 ]

原材料は国内産ケール100%使用。化学農薬不使用、無着色、無添加

コスメでも有名なFANCLの青汁スムージーです。大手メーカーだけあって製法はこだわりぬかれ、愛媛・長野・鹿児島県の契約農家でミネラル農法によってつくられたケール100%を使用しています。その他の原材料は非常にシンプルでチアシードにリンゴ、グレープフルーツ、レモンなどの果汁パウダーが配合されています。
ほんのり甘いフルーツミックス味で飲みやすく、ケールの栄養価をそのままに補給できます。
品質重視のケールファンにとっては、見逃せない商品といえるでしょう。

格付けすると?

前項で紹介した青汁スムージーを格付けして表にすると以下のようになります。
気になる商品があれば、是非参考にしてみて下さい。

VI-DAルリビオ乳酸菌スムージー金時草プロテインダイエットFANCL
1食分のカロリー22kcal28kcal6.6kcal91.5kcal25kcal
チアシード
ピーチ味フルーツミックス味グリーンティー味アップル味
ベジタブル味
黒糖ハニー味
フルーツミックス味
甘味料ステビア人工甘味料ステビアステビア
ラカンカ抽出物
含まれる食品の数32種類14種類+172種類の植物発酵エキス2種類5種類
タンパク質量1000mg300mg11800mg
プラス成分乳酸菌
ソイプロテイン
乳酸菌EF-2001コラーゲン
コエンザイムQ10
Lカルニチン
αリポ酸
食物繊維
(難消化性デキストリン)

青汁スムージーをアレンジして栄養強化

単体でも栄養価が高い青汁スムージーをさらにアレンジすると栄養補給の強化ができます
そこで、オススメのアレンジレシピをいくつかピックアップしてみました。
マンネリ対策に、是非チャレンジしてみて下さい。

ソイプロテイン割り

ソイプロテイン割りは野菜やスーパーフードの栄養素とともに髪の毛や肌、爪のもとなるタンパク質が一緒に摂れます
一見、プロテインは太るイメージを連想しがちですが適量のタンパク質は健やかな肌や髪の毛に欠かせません。
また、豆乳に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た作用があり女性の強い味方となります。
作り方は簡単で、1食分の青汁スムージーを豆乳で割り、プロテインを適量追加するだけです。

もともとソイプロテインが含まれている商品も発売されているので、割るのが面倒な方はそちらをオススメします。

炭酸水割り

食べ過ぎが気になる方にお勧めの飲み方です。
近年、注目をあつめている炭酸水は満腹感を与え、体内の二酸化炭素の濃度が上がるため血行が良くなると言われています

炭酸水では飲みにくい方はサイダーにするか、レモン果汁を追加するのも◎
代謝アップやデトックス効果が欲しい時にぜひチャレンジしてみましょう。

ヨーグルトにかける

毎朝スッキリしたい方は、ヨーグルトにかけてしまうのもオススメ。
ヨーグルトはお腹の調子を整えるだけでなく、カルシウムが豊富に含まれているので骨粗鬆症の予防や精神安定効果があると言われています


また、タンパク質も多く含まれるので肌や髪の毛、爪にも良い効果が期待できます。
無糖ヨーグルトには、バナナやリンゴなどのカットフルーツを入れるとさらに美味しく食べれますよ。

青汁単体をスムージーにするよりも◎

青汁単体をスムージーにするよりも、青汁スムージーをさらにスムージーにした方がたくさんの種類の野菜やスーパーフードが摂取できるメリットがあります
美や健康にこだわる方にとって、青汁スムージーほど効率が良い飲み物はないのではないでしょうか。
さらにいつもと違う飲み方で、よりキレイな毎日が実現するかもしれません。

ファスティングダイエットにも

ファスティングは、断食を表す言葉ですが、完全に断食をするものではありません。
ダイエット目的ではなく、メンテナンスとして内臓を休ませてあげることが大前提となります。

ファスティング中は1~3日を目安に食事の代わりに青汁やグリーンスムージー、水を飲みます。
固形物を取らないので栄養が不足している状態となるため、栄養価に優れた青汁スムージーはファスティング中にもピッタリな飲み物です

また、ファスティング前後の1週間は徐々に食事量を調節することが必要不可欠。
この期間にも青汁スムージーを取り入れると、食べたい気持ちをサポートしてくれます。

置き換えダイエットにも

普段のおやつ代わりとして青汁スムージーを摂取すると置き換えダイエットにもなります。

青汁スムージーだけでは物足りない方は、豆乳で作られているアイスやヨーグルトを混ぜるとよりデザートに近い味になります。
糖分と脂質でお腹が満たされるより、青汁スムージーに含まれる食品や栄養素でお腹を満たした方が明日のキレイにつながります

「美は1日にしてならず」を忘れずに、上手に青汁スムージーを取り入れていきましょう。

青汁スムージーで効率よく栄養補給を

青汁スムージーの手軽さ、効率の良さについてお分かりいただけたでしょうか。

昔に比べてこのような便利な飲み物が普及し、誰でも簡単に健康や美容に気を使うことが出来るようになりました。

価格も比較的リーズナブルなので、活用しない手はありません。
この機会に、青汁のワンランク上にチャレンジしてみませんか。

関連カテゴリー

関連記事