青汁サラダプラスはどんな青汁?調べてみました!【朝イチスッキリ】

普段、何気なく食べている食事でもきちんと栄養は取れているのか気になりますよね。

青汁サラダプラスは朝に飲む新習慣として新日本製薬から発売されています。
注目すべき食材は、徳島県産の「阿波藍」です。
藍染めで有名ですが、食品としても取り入られていて、日本初のスーパーフードと呼ばれています。
青汁サラダプラスは飲みやすい味なのか、どんな成分が含まれているのか気になるところです。
そこで、今回は、栄養機能食品として厚生労働大臣お墨付きの青汁サラダプラスをご紹介します。

青汁サラダプラスとは?

青汁サラダプラスは、抹茶風味で飲みやすく、国産の素材を20種類も使用し、製造も全て日本で行っており安全面でもこだわり、普段の食事では補うことが難しい栄養をしっかり補うことができます。

毎日飲み続ける青汁だからこそ、飲みやすさにこだわることで、青汁は「にがくて飲みにくい飲み物」から「飲みやすくて続けやすい飲み物」として作っています。

そのため、お子様がいるご家庭でも、牛乳を加えて抹茶風味にりんご味で楽しみながら飲んでいただいているご家庭もございます。

栄養面では、一日分のβカロテン・ビタミンB1の他にも乳酸菌+酵素も含まれています。
また、※栄養機能食品として、ビタミンB1・ビタミンC・鉄が含まれています。

気になるカロリーは1袋あたり、8.25㎉です。

※栄養機能食品とは?
普段の食事では1日の目安の栄養成分を補いきれないため、必要な栄養成分を補うことを目的として利用できる食品のことです。
厚生労働大臣が定めている基準や規定条件を満たしている上で表示されています。

20種類の国産素材とは?

普段の青汁には、野菜は5種類程度のものが多く出回っていますが、青汁サラダプラスには20種類もの野菜を含んでいます。

特に注目すべき野菜は、

  • 日本発祥のスーパーフード阿波藍(徳島県産)
  • 「不老長寿」の葉っぱの金時草(徳島県産)
  • 食物繊維が豊富とされる発酵ごぼう(九州産)が含まれています。

他にも、

  • ケール(大分県産)
  • えごま葉(島根県産)
  • カンダバー(沖縄県産)
  • パセリ(熊本県産)
  • モロヘイヤ(島根県産)
  • 桑葉(島根県産)
  • 大麦若葉(大分県産)
  • こんにゃく芋(群馬県産)
  • 長寿草(※国産)
  • りんご(青森県産)
  • 紫芋(※国産)
  • 生姜(高知県産)
  • 青大豆(秋田県産)
  • 玉ねぎ(北海道産)
  • 大麦(※国産)
  • かぼちゃ(北海道産)
  • 抹茶(愛知県産)

※収穫時期によって、産地が異なる場合がございます。

以上の国産で作られた野菜や果物が豊富に入っています。

青汁サラダプラスに入っている【阿波藍】はどんな植物?

藍染で有名な「藍」を使った食材と聞くと、「そもそも食べられるの?」「染物のイメージしかない」など気になる点があるかと思います。

どんな植物なのか調べてみました。

阿波藍とは?

阿波藍とは、タデ科の植物です。
青色の藍染めとして有名で、藍の葉っぱを乾燥させて、発酵させて作った染料「すくも」を使って藍染染めをします。

特に、徳島県でつくられる「すくも」のことを「阿波藍」と呼ばれています。
阿波藍は実は作られるのに約1年もの時間が必要になります。

まず、春に苗を植え、夏頃に刈り取り、藍の葉っぱを細かく刻み・砕いてから乾燥させます。
そこから、寝床(ねどこ)と呼ばれるところに積み並べられます。
その藍の葉っぱに水をかけ、温度をしっかり管理しつつ約100日間発酵させて「阿波藍」が完成します。

阿波藍は藍染めだけじゃないスーパーフードと呼ばれる由来

阿波藍は藍染めの染料だけではなく、解毒としての使い道として生薬としても古い時代から愛されてきました。
藍の栄養価値があることから「藍職人は病気知らず」とされて、染めるだけではなく徳島県では、様々な利用法で「阿波藍」を活用してきた歴史があります。

スーパーフード阿波藍の栄養は?
阿波藍には、青汁に含まれるケールと比べて

  • 食物繊維2倍
  • ポリフェノール4倍
  • 鉄分3倍
  • 亜鉛6倍も入っています!

スーパーフードと呼ばれる由来になるのも納得です!

青汁サラダプラスの栄養は?どれくらい含まれているの?

青汁サラダプラスには、様々な栄養素が含まれています。
どんな、栄養素で1日に換算するとどれくらい含まれているのかご紹介します。

青汁サラダプラスの主な栄養素

  • ビタミンC
    レモン約4個分(果汁換算)
  • ビタミンB1
    にんにく約17個分
  • βカロテン
    緑黄色野菜摂取目標約1日分
    ピーマン約8個分
  • 食物繊維
    レタス約2/5個分
    レタス以外にも、こんにゃく由来の食物繊維「グルコマンナン」入りでお腹の中で約150倍も膨れ上がるのでお腹の持ちにもOK!
  • カルシウム
    牛乳約1杯分
  • 亜鉛
    煮干し約163匹分

  • しじみ約79個分

(全て1袋あたりの換算になります)

他にも、

  • 植物性ナノ型乳酸菌(約100億個)
  • 国産穀物由来の活きている酵素が入っています。

青汁サラダプラスはどんな味がするの?

青汁サラダプラスは、青汁独特のにがみや青臭さを抑えています。
そのため、サラッとした飲み心地で飲みやすい青汁です。

味は抹茶風味で、リンゴの甘さが加わっていて、普段野菜嫌いなお子様でも飲みやすくなっているのがポイントです。

普段の食事にもおやつ代わりにも飲めるように仕上がっています。

青汁サラダプラスのおすすめの飲み方は?

まずは、朝イチ!起きたら飲む方法(ベジファースト)をおすすめします。

作り方

1.コップに1/4のお水を注ぎます。最初にお水を入れることがポイントです!

2.お水が入ったコップに1袋分入れて、マドラーなどでよくかき混ぜます。
一度に全部入れるよりも、少しずつ混ぜながら青汁を入れると溶けやすくなります。

3.最後にお水を加えて完成です。

お水以外での楽しみ方

  • 牛乳や豆乳で割っても美味しく飲めます。
    牛乳や豆乳で割っていただくことで、抹茶ラテ風のような味わいになり、変化を楽しんでいただけるように仕上がっています。
  • 寒い季節には、お湯で割ったり、スープに溶かしても美味しく飲むことができます。
  • 飲むだけではなくヨーグルトに振りかけて混ぜてもおすすめです。
  • 青汁プリン
  • ホットケーキミックスに混ぜて抹茶風ホットケーキ
  • 青汁クッキー
  • 青汁パンケーキ
  • 青汁ティラミスなどおやつ代わりとしても楽しめます。

青汁サラダプラスのさらにおすすめの飲み方ベジファーストとは?

ご飯を食べる時に、野菜から食べ始めることをベジファーストと言います。

最初に食物繊維がたくさん入った野菜から食べることで、満腹感を得やすくなるので食べすぎ防止に繋がります。

青汁サラダプラスはどんな人向けの青汁?

  • 普段、外食やコンビニ食が多い人
  • 野菜不足を感じている人
  • カンタンに栄養補給やお肌の健康をキープしたい人
  • 青汁はまずいものだと思っている人
  • 家で食事を作っていても野菜不足に不安を感じている人
  • 野菜嫌いの子供に野菜の栄養を摂って欲しいと願う親御さん

青汁サラダプラスを始めて購入する人の特典は?【送料】

青汁サラダプラスを初めて購入する人に、送料無料のキャンペーンを行っています。
※2回目からは、送料が発生します

オンラインショップ限定のキャンペーンで、他のキャンペーンとの併用はできないのでご注意ください。

2回目以降の送料は、その都度購入される場合500円(5,000円(税抜)以上ご購入で送料無料)
定期購入の場合300円(4,000円(税抜)以上ご購入で送料無料)となります。

定期購入する場合、特典はあるの?

定期購入する場合、通常価格3,589円(税込)がファーストステージの場合、3,230円(税込)(※軽減税率対象)になります。
最大20%オフにもなるので、定期購入がおすすめです。

1.定期購入の継続は3回から可能!
青汁は1回だけではなく、長く続けて飲んでいただきたいです。
そのため、3ヶ月のワンシーズン3回購入から試してみてください。

2.定期購入すると割引適用されます!
総購入金額でステージが変わります。
そこで、ステージ毎に毎回の購入で10%から最大で20%の割引をご利用いただくことができます。

3.定期購入と言っても、ご希望に合わせて自由に変更可能!

例えば

  • お届けは夜にしてほしい
  • 毎月ではなくて、2ヶ月に1回にしてほしい
  • 今月、青汁が余ってしまったので、今月はお休みにして、来月の10日頃に届けてほしい
  • 遠方に住む家族が試しに飲んでみたいと言っているから、来月は2箱にして届けてほしい
  • お届けする時間帯・お届けする回数・お届け日の日程変更・数量の増減など、毎日続けていると何かと変化は出てきます。

そこで、新日本製薬では、定期購入のお客様にはお好みに合わせて自由に設定していただける特典も設けています。

青汁サラダプラスの原材料

【原材料】
大麦若葉末・難消化性デキストリン・桑葉末・焙煎大麦粉・玄米粉・カンダバー末(かんしょ葉茎末)・酵母(亜鉛含有)・アヤムラサキ芋末・かぼちゃ末・黒大豆きな粉・緑茶(国産)・有機抹茶・パセリ末・有機生姜・濃縮りんご・モロヘイヤ末・発酵ごぼう末・青大豆末・ボタンボウフウ(長命草)粉末・玉ねぎ・金時草など

【アレルゲン】
大豆・りんご

青汁サラダプラスを飲む際の注意点

  • 原材料を確認して、アレルギーがあり不安な人は事前にかかりつけ医にご相談の上、購入してください。
  • ワーファリン(血液が固まることを防ぐ薬)を飲んでいて、ビタミンKを摂ることを制限されている人、通院中の人、妊娠や授乳中の人は医師にご相談ください。
  • 飲んでいて身体に合わない場合もあります。その際は飲むのを止めてください。
  • 開封後はなるべく早めに飲み切ってください。
  • 収穫時期により、少しではありますが味の違いや色の違いがございますが、問題はございません。
  • 青汁サラダプラスは薬品ではなく、健康食品のため飲んだとしてもさらに健康になったり、身体の悩みが解決するものではありません。

1日に飲む目安量を必ず守ってください。

◆重要◆食生活は主食・主菜・副菜をベースに食事のバランスを大事にしてください。

【公式】青汁サラダプラスに寄せられるQ&A

朝必ず飲まないといけないものなのでしょうか?

青汁サラダプラスは健康食品のため、決まった時間などはございません。
そのため、昼や夜に飲んでいただいて、栄養の補給にお役立てください。

保存料・着色料・香料などは入っていませんか?

保存料・着色料・香料は入っておりません。

原材料の中に、ビタミンB1・ビタミンC・ピロリン酸鉄・βカロテン・未焼成カルシウム・増粘剤としてグァーガムが含まれていますが、これらは栄養強化の目的として含まれています。

年齢制限などはありますか?

青汁サラダプラスは薬ではなく、健康食品のため年齢や性別問わず誰でも飲んでいただいても大丈夫です。

野菜不足に朝の新習慣として「青汁サラダプラス」をベジファーストにいかがですか?

今回、青汁サラダプラスについてご紹介しました。

普通の青汁には、大麦若葉やケールが含まれているという認識がありますが、この青汁サラダプラスには徳島県産の「阿波藍」が含まれていて、ケールと比べると驚くほどの栄養成分が含まれています。

しかも、厚生労働大臣が定めている基準に達している栄養成分が含まれていて、栄養機能食品として認められています。
気になる味も抹茶風味でりんご味なので、飲みやすく例えば他のおやつ作りに取り入れることもできるのでお子様と一緒に楽しんで食べることもできるもの大きなメリットです。

初回限定や、定期購入の特典もついているので、気になる方は是非、試してみてはいかがでしょうか?

関連カテゴリー

関連記事