【目指せOfficial青汁男dism】40代男性のための目的別オススメ青汁ランキング10選

目次

青汁ソムリエ(自称)のお墨付き。こんなときには、この青汁を飲め!

40代のオトコ。

青汁ソムリエ(自称)もその真っ只中にいます。

オトコは40才が分かれ道。

なんの分かれ道って

「ダンディなオトコ」と「枯れ行くオトコ」

とのですよね。

男だって常に‟色気”と‟ほとばしる覇気”を身にまとっておきたい!

クジャクやライオンを例に挙げるまでもなく

動物は本来「オス」のほうが美しいのです。

働き盛りの皆様!

青汁飲んで元気にカッチョよく、そして美しくなりましょう!

■10位「運動が好きだ!それをサポートできる青汁を手軽に飲みたい!」【アサヒ緑健:緑効青汁スポーツ】18袋 9720円(税込)

オススメポイント

  • 唯一無二、パウチゼリータイプの青汁飲料
  • 筋肉成分「イミダゾールジペプチド」配合。
  • 運動時・外出時でも手軽に青汁の栄養素をカラダにチャージ
  • ローヤルゼリーを600mgも配合で「元気がほしい」「忙しいとき」の栄養補給に最適
  • ゼリータイプでも、しっかりとアサヒ緑健の特許「ゴールデンバランス」処方
  • クエン酸も配合されており、運動時の栄養補給をしっかりサポート

デメリット

  • とにかく高い

10位はアサヒ緑健「緑効青汁スポーツ」です。筋肉成分「イミダゾールジペプチド」が配合された珍しい青汁です。「ローヤルゼリー」まで入っているので、運動をすることで「美と健康」を維持したいと考える方には最適なパウチ青汁です。

■9位「疲れがとれにくくなってきた…。できるだけ安く、元気をサポートしたいんだ!」そんな方にはこのコスパ最強青汁。【日本薬健:金の青汁 大麦若葉粉末】90包 約2500円

オススメポイント

  • 1杯単価が約28円というぶっ飛んだ安さ
  • 契約農家の手で無農薬栽培された国産の大麦若葉を惜しみなく100%配合
  • 副原料、香料、添加物、防腐剤などは一切無添加
  • 抹茶のような感覚で飲めて、初心者でもトライしやすい
  • 食物繊維、ビタミン、ミネラルなどの栄養素がたっぷり
  • 大容量のため、家族全員で飲める

デメリット

  • 大麦若葉以外の栄養素が摂れない
  • 若干の青臭さがある

9位は日本薬健の「金の青汁 大麦若葉粉末 90包」です。これはとにかく安い!はじめて青汁を試す方にはうってつけの商品です。もし、合わなかったとしてもそこまでイタい出費にはなりません。毎日1杯だけ飲むのであれば、3か月も持ちます。1カ月1000円に満たない金額で健康サポートできるのであればグッドですよね。

■8位「お酒が毎日の楽しみ。でも健康状態も気になってきた…。」【MHM:生青汁】30包 3600円(税抜)

オススメポイント

  • 実際に飲食店提供されている「青汁ハイ」用の青汁である
  • 独自の低温乾燥製法の採用により、たっぷりの酵素を生かしたまま粉末化している
  • 生きた乳酸菌&酵素で腸内環境をサポートできる
  • クセが本当になく、メチャクチャウマい青汁

デメリット

  • 少々高い(1杯単価120円)
  • ビタミン類がどの程度入っているかは不明

8位は「MHM 生青汁」です。酒飲みの救世主ともいえる青汁です。この青汁は本当に美味しいですよ!青臭さゼロですから。微塵も感じない。お酒に入れても風味を全く損なわず、逆に新たなアクセントを与えています。青汁ハイは本当に美味しいですね~♪ しかも、「生きた乳酸菌と酵素」が配合されているので腸内の環境もしっかりサポート。青汁ソムリエ(自称)だけかもしれませんが、酒を浴びるほど飲んだときは決まって腹を壊すんですよね。そんな酒飲みのお腹を優しく守ってくれるのも高ポイントです。

■7位「カゼをひきやすくなった。なにかいい青汁はないの?」【やわた:昔ながらの本青汁】30包 2000円(税抜)

オススメポイント

  • 大手メーカー「やわた」の商品である
  • 1包にビタミンCを30mg配合
  • 国内製造の大麦若葉を使用 
  • 1袋3g中に150億個の乳酸菌を配合
  • さわやかな酸味があり飲みやすい
  • 1杯単価が比較的安い(72円)
  • 安心の全額返金保証あり

デメリット

  • ちょっとだけ溶けずらい

7位はやわたの「昔ながらの本青汁」です。40代に入ると、体調を崩しやすくなってきますよね。免疫力はどうしても若い時に比べると落ちるので、カゼもひきやすくなります。カゼの予防に効果的なのは「ビタミンC」ですよね。やわたの「昔ながらの本青汁」には1杯に30mgのビタミンCが配合されています。「たった30mg?屁のツッパリにもならねえ」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。実は、ビタミンCの1日所要量はたったの「100mg」でいいんです。1杯ですでに所要量の約3分の1を補えるんですよ。大麦若葉の栄養素との相乗効果で、さらなる健康効果も期待できそうです。

■6位「腸内バランスを大事にしたい。サポートできる青汁は?」【ヤクルト:青汁のめぐり】30袋 約2000円

オススメポイント

  • ヤクルトのガラクトオリゴ糖と食物繊維を配合で腸内環境をサポート
  • ヤクルト独自の「朝摘み」「生搾り製法」で青汁本来の栄養素がたっぷり
  • ドラッグストアで気軽に購入できる
  • 後味がすっきりしていて、青臭さが苦手な方でも飲みやすい
  • 国産の大麦若葉を使用

デメリット

  • 逆にお腹がゆるくなってしまうことがある

6位はヤクルトの「青汁のめぐり」です。この商品は腸内のビフィズス菌を増殖させる効果があると言われているガラクトオリゴ糖を配合し、さらに水溶性食物繊維・デキストリンも配合されているため「腸の健康サポートができる青汁」を探している方に超オススメの商品です。40代になってくるとお通じが「便秘」「軟便」のどちらかに傾きやすくなります。どちらの状態にせよ、腸内環境を整えることは必須でしょう。なんといってもヤクルトの商品ですから、もうそれだけでお腹に良さそうですよね。

■5位「男だって肌が、美容が気になる時代なんだよ!」【アサヒ緑健:青汁×コラーゲン】60袋 10200円(税込)

オススメポイント

  • キレイに、そして元気に過ごしたい方に最適
  • 有機大麦若葉の栄養素+コラーゲン5500mgを配合(1日2袋当たり)
  • アサヒ緑健が開発した青汁専用大麦若葉‟むぎおう”を使用しているため、一般的な青汁よりもずっと栄養価が高い
  • 吸収性の良いフィッシュコラーゲンとヒトに近い豚コラーゲンの「ダブルコラーゲン」を低分子化して配合

デメリット

  • 栄養価も高いが、価格もバカ高い

5位はアサヒ緑健の「青汁×コラーゲン」です。青汁ソムリエ(自称)はドラッグストアで20年間店長をしていて感じるのですが、最近は昔と比べてオシャレに気を使う40代以降の男性が明らかに増えました。やっぱり、いつまでも若々しくありたいですよね。そのような美意識の高い40代男性にオススメしたいのが、健康でキレイに、そして若々しくいたい方に必要な栄養がタップリ入ったこの青汁です。アサヒ緑健の売れ筋NO.1である「緑効青汁」にも使用される「国産有機栽培大麦若葉」と、吸収性の良い魚コラーゲンと豚コラーゲンの「ダブルコラーゲン」、美容に最適な「ヒアルロン酸やセラミド」、さらにビタミンCまで配合しており、健康と美にこだわる方に極上のサポートをしてくれます。

■4位「若い時のように、毎日スッキリできない…。」【オリヒロ:クマザサ青汁】 14包 約1200円(税込)

オススメポイント

  • 新聞でよく取り上げられているスッキリ素材の「クマザサ」を使用
  • 北海道産のクマザサを用いていて安心
  • クマザサという尖った素材にもかかわらず飲みやすい
  • 難消化性デキストリンも配合されており、Wパワーで強力にスッキリをサポート
  • 店頭でも「スッキリを実感してる!」とおっしゃる方が大変多い
  • 1杯当たりのカロリーも7kcalで、どんな食事とも併用しやすい

デメリット

  • 1包あたりの単価は青汁の中ではかなり高い(1杯約85円)

4位はオリヒロの「クマ笹青汁」です。飲み口は若干の青臭さ、そして粉っぽさがほんの少し気になるところではありますが、クマ笹というトンがった素材を使用していることを考えれば十分に及第点と言えるでしょう。クマ笹は新聞広告のおかげで「スッキリ」を期待されている方が多いです。店頭で購入されているお客様に直接聞いてみると「スッキリできたよ!」という声が実は大変多いです。もちろん青汁は健康食品ですので医薬品的な効能効果は謳えませんが、翌朝のスッキリを体感されている方はたくさんいらっしゃいますよ。

■3位「今は元気だ。このまま健康を維持したい。マズくても濃い栄養素の青汁が欲しい!」【キューサイ:ザ・ケール(冷凍タイプ)】35袋 5653円(税込)

オススメポイント

  • 「まずいー。もう一杯!」のCMで有名なキューサイの看板青汁
  • キューサイがこだわり続ける、栄養価が非常に高い「ケール」の青汁
  • 種を育てる段階から農薬・化学肥料一切不使用で育てられた国産ケールを使用
  • こだわり製法のケールを新鮮なうちにしぼり、約マイナス40℃で急速冷凍しているから新鮮そのもの
  • ケール以外の余計なものは一切入っていない

デメリット

  • 大麦若葉よりも、やはり飲みづらい。初心者向けではない。

3位はキューサイ株式会社の「ザ・ケール(冷凍タイプ」です。青汁ソムリエ(自称)がもしも「純度100%の正統派青汁はどれ?」と誰かに聞かれたら迷わずコレを選びます。八名信夫さんが出演したあの衝撃のCMから時を経て、若干の改良は加えつつもほとんどベースは変わっていないというレジェンド青汁です。この青汁に使用されている素材のケールは‟スーパーフード”と呼ばれており、キャベツやブロッコリーの原種にあたる植物です。ビタミン・ミネラル・食物繊維などはその辺の野菜を蹴散らす量を含有しており、現代の食生活で不足しがちな栄養素を幅広く含んでいます。ただ、なんだかんだで多少は飲みづらいですけどね。

■2位「油っぽいコンビニ弁当・外食が多い。そのときに手軽に飲める青汁が欲しい。」【サントリー:健康道場】 160g缶×30本 約6000円(税込)

オススメポイント

  • 超ウマい。
  • ドロドロしており、ジューサーで自作したかのような飲み心地
  • 缶タイプで作る手間もなく、かつ持ち運びしやすい
  • 濃縮還元ではなく「ストレート野菜汁&果汁」を使用
  • 砂糖、食塩不使用

デメリット

  • 1本200円という、めまいを誘発する価格

2位はサンスターの「健康道場 おいしい青汁」です。こいつはとにかくウマいです!ヘタな野菜ジュースよりもずっと美味しい。青汁と銘打ってますが、青汁とはとても思えないです。そんな商品なので、食事のお供に飲むには最適です。油っぽいお弁当を食べていても、コレを飲めば不思議と口の中がサッパリするのも不思議です。青汁ソムリエ(自称)的に一番のオススメポイントは「濃縮還元タイプではなく、ストレート野菜汁&果汁を使用している」ということです。コレ、本当に珍しいです。新鮮な、本物のフレッシュジュースにとても近い状態なワケです。野菜のみずみずしさと栄養価を損なわないように、レモン汁によって酵素の働きを失わないようにした野菜ピューレをたっぷり25%も配合しています。原材料はブロッコリー、ケール、キャベツ、ホウレンソウ、レタス、パセリ、大根葉、セロリ、小松菜の緑野菜9種類に加えて香り高いりんご果汁を厳選して配合しています。その結果としてビタミン、ミネラル、食物繊維など不足しがちな 栄養素を20種類以上もバランスよく含んでいます。コンビニのお弁当と一緒に飲むだけで、野菜本来の栄養素を摂取できますよ。

■1位「太ってきた…。デ〇は嫌だ!しっかり栄養素を摂りながら健康的にカロリー制限したい!」【なにわサプリ:VI-DA】120g(15回分) 2500円(税抜)

オススメポイント

  • 「青汁の栄養価」と「スムージーの飲みやすさ」という良いところどりをしたハイブリッド型青汁
  • たった一杯で「一日の栄養目標量」の主要12項目を上回ることができる
  • 置き換えダイエットをして欠食しても、栄養素が豊富なので健康を損ないずらい
  • カロリーがどれも20kcal程度なので置き換えダイエットはもちろん、元気アップのためのエネルギーチャージ飲料としてプラス1品して飲める
  • 14種の野菜と、18種のスーパーフードを配合している
  • 食物繊維と乳酸菌も含まれていて、腸内環境を整えたい方にも最適
  • フレーバーは3種類あり、どれもおいしい

デメリット

  • 添加物を若干だが使用している

1位は株式会社なにわサプリから発売されている「VI-DA」です。粉末タイプの栄養機能食品となります。「青汁の栄養価」と「スムージーの飲みやすさ」という良いところをミックスした「ハイブリッド型青汁」というものになります。
「VI-DA」は‟全方向対応型青汁”と言っても過言でもないほど隙が無い原材料配合をしています。雑に言えば、「40代オトコ、とりあえず全員飲んどきな!」ってカンジです。
元気栄養素もタップリ入っているので健康維持にももちろん良いのですが、私のオススメは「VI-DA」を使用した「1食置き換えダイエット」です。
太ってきたときはやっぱりカロリーって気になりますよね。でも「VI-DA」はこれだけの美味しさと豊富な栄養素含有を両立させて、1杯たったの22kcalです。
食事を1回分欠食した以上の栄養素が含まれているので、健康的にダイエットできますよ!
「太っている」というだけで、実年齢よりも上に見られがちになってしまいます。
40代男性、「身」も「心」も引き締めて、カッコイイオトコをともに目指しましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
40代になり、体力や容姿の衰えを感じて青汁を求める方が増えています。
しかし、青汁はいっぱいありすぎてどれが自分に合っているのかわからない方も
数多くいらっしゃいます。そんな悩める40代のために、今回は青汁ソムリエ(自称)の独断と偏見で、「コレを飲め!」とズバッと選んでみました。
ランキング形式にはしていますが「タイプ別」に分けているので、何かしらかはあなたのお悩みに当てはまるものがあるはずです。ぜひ、青汁選びの参考にしてみてくださいね。

青汁ソムリエ(自称)でした!

それではまた、別の青汁で~♪

関連記事