【活性炭配合の青汁7選】活性炭のメリットとデメリットも解説!

炭の歴史は古く、私たち人間の生活の中で様々なシーンに活用されています。
最近では活性炭サプリメントや活性炭青汁も発売され、食用としても注目されています。

今回は活性炭を経口摂取すると、どのような効果があるのか詳しくまとめてみました。
活性炭配合の青汁も紹介しているので、どれを購入していいかわからない方は是非チェックしてみてください。

食用の炭とは?

「炭焼きは病気知らず」ということわざがあるのはご存じでしょうか?
食用の炭は吸着力に優れ、体の中にある水銀や添加物などの有害物質を排出してくれる働きがあります。
その効果の高さから薬がなかった時代では、お腹の調子を整えるために摂取されていたようです。
最近では様々な活性炭の健康食品が発売され、健康目的やダイエットにも注目を浴びています。また医療の世界でも薬用炭として中毒症や解毒を目的に使用されます。

炭には「孔」と呼ばれる穴が無数にあり、その孔に不要な物質を閉じ込め吸着するのが最大の特徴といえるでしょう。

一般的に売られている食用の炭はパウダー状に加工され、木炭や竹炭、ヤシ殻炭などさまざまな種類のものがあります。

栄養価に関しては、ほとんどカロリーはなく、カルシウム・カリウム・ナトリウム・鉄分などの体内で生成できないミネラルを豊富に含みます。

普通の炭との違い

炭をさらに加工したものが活性炭

食用の炭は「活性炭」という種類に分類されます。
一般の炭とのもっとも大きな違いは、「孔」の大きさと密度。
炭を800℃以上の高音で水蒸気と反応させると、無数の小さい穴が開き、活性炭となります。

炭の孔は活性炭の約2〜6万倍あり、その大きさは20〜60μ(ミクロン)とされています。
対して活性炭の孔の大きさは1nm(ナノメートル)前後となります。

吸着できる物質が違う

孔の大きさによって、吸着できる物質も変わります。

例えば空気中の臭い成分の大きさは0.4nm(ナノメートル)程度となりますが、これらを吸着できる孔の大きさは物質の約2倍がベストといわれています。

そのため、孔の大きさが1nm(ナノメートル)前後となる活性炭の方が消臭効果が高くなります。
部屋の臭いが気になる方は、活性炭の消臭剤を置いてみましょう。

活性炭にはこの他にも油や糖質などに優れた吸着効果を発揮します。

活性炭による吸着効果が確認されている物質

活性炭は以下の物質の吸着が認められています。

食品添加物色素、臭気、臭味、血漿浄化、農薬(DDTなど)、遊離塩素、有機色素、乳化剤(界面活性剤)、硝酸塩(ソーセージに潜む大腸癌の因子)、フェノール類など
重金属アンチモン、ヒ素、ビスマス、クロム、スズ、銀、水銀、コバルト、ジルコニウムなど
腸内細菌の毒素消化毒素その他の有機性廃棄物など

活性炭のメリット

デトックス効果

活性炭は、体に不要な脂質や毒素までも吸着して排出してくれます。

ミネラルやカルシウムなどの含まれる栄養素をのぞくと、食用の炭そのものは体に吸収される成分が含まれていません。
そのため消化器官をそのまま通過し、便と一緒に排出されます。


このことからわかるように、体に不要な成分のみを吸着してそのまま便として排出される炭は、デトックス効果を強力にサポートしてくれます。

実際に活性炭を摂取するようになってから、シェイプアップや体臭、アトピーなどが改善された方もいるようです。

一般社団法人 日本中毒学会によると、体内に吸収されることがない活性炭は妊婦の方でも摂取して問題ないとされています。

ダイエット効果

炭の優れた吸着力は腸内のたまった老廃物を除去するため、ダイエットにも◎
最近では「チャコールダイエット」と呼ばれ、海外でも注目を浴びています。

老廃物だけでなく、食事で摂取した糖や脂質も吸着するため、食後の血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。
この作用により、肥満のもととなるインスリンの分泌が抑制され、摂取カロリーを抑えてくれるのです。

参考文献
一般社団法人 日本中毒学会「消化管除染(2)活性炭」

活性酸素の除去

活性炭には有害物質だけではなく、老化や生活習慣病の要因ともなる活性酸素、脂肪や糖分なども吸着してくれる作用があります。

シェイプアップしたい方や、毎日若々しくいたい方にもオススメです。

色素や汚れを取り除く

活性炭の優れた点は、食べるだけでなく口の中の汚れや、ニオイにも効果がある点です。

歯の黄ばみを取り除いてくれる作用もあるため、最近では活性炭入りの歯磨き粉などオーラルケアグッズも発売されているようです。

活性炭の副作用は?食べても大丈夫?

昔から「焦げを食べるとガンになる」と良くいわれたものです。
焦げは家庭での調理で塩分などと反応して発生する、比較的低温でできたものです。

しかし炭は高温で加熱されているため、有害物質のほとんどは燃焼されゲルマニウムやマグネシウムなどの人体に有用な成分だけが残ります。

また焦げであっても、実際にガン細胞を発生させるにはどんぶり一杯の焦げを数十年毎日食べ続けなければなりません。

このようなことから、炭を摂取してもガンになりやすいなどの心配は必要はないといって良いでしょう。
一つ注意しなければならないのが、1日の推奨摂取量を守り摂取しすぎないということです。

吸着力が強い活性炭は摂取しすぎると、食事から摂取する体にタンパク質などの必要な栄養素までも排出してしまう可能性があります。

摂取する際は、記載されている1日の推奨摂取量を守るようにしましょう。

食用炭の種類

竹炭(竹炭微粉末)

食用の炭の中で最もポピュラーなのが竹炭。
海外でも「bamboo charcoal(バンブーチャコール)」と呼ばれ注目を浴びています。
木炭より孔が多いため吸着力に優れ、カルシウムやミネラルなどを多く含んでいるのが特徴です。

竹にはミネラルの1種である珪素(ケイ素)が豊富に含まれています。
珪素には、細胞などの酸化防止効果、デトックス効果や免疫力強化などがあり、殺菌・消臭効果も期待できます。
竹炭の中にも種類があり、メジャーなのは「孟宗竹」という種類です。
95%が食物繊維といわれ、アミノ酸が16種類も含まれています。
竹炭は無農薬でつくられているものもあるため、竹炭配合の青汁を購入する際は産地や製法までチェックしておきましょう。

ヤシ殻

ヤシ殻の炭は、竹炭に比べて孔の数が非常に多く、その数の多さは、同じ面積で比較すると約8倍といわれています。

実際に販売されているものでは他の炭とミックスされているものが多くなりますが、ヤシ殻は食品添加物や化学物資を取り除いてくれる作用が期待できます。

ヤシ殻の炭は食用だけでなく浄水用としても販売されているため、購入の際はどちらのタイプが確認するようにしましょう。

赤松炭

普段から油っこい食事が多い方におすすめなのがコレ。

赤松炭の吸着力はヤシ殻活性炭の60%と低くなりますが、食用油の吸着力は赤松炭の方が優れています。
また温熱効果があるため、摂取することで身体を内側から温めてくれます。

冷え性で、油っこいものを食べるとニキビなどができやすい方にもオススメですよ。

樫の木

樫の木の炭は硬い材質の木を1000℃以上の高温で焼く「白炭」に分類されます。

リーズナブルで続けやすいのが特徴で、竹炭よりも孔の量が少なくなりますが、吸着力はさほど変わりないといわれています。

また竹炭よりもマグネシウムが2倍、カルシウムがは80倍含まれるといわれています。

摂取するタイミングは?

基本的にサプリメントや活性炭配合青汁は健康食品となるため、いつ飲んでも問題はありません。
ただし、活性炭は吸着力が強いため他の健康食品や薬を併用すると効果を弱めてしまう可能性もあります。

なるべく併用しないことをおすすめしますが、併用する場合は摂取するタイミングを極力ずらす方が良いでしょう。

活性炭配合の青汁で効率よくキレイに

活性炭の優れたデトックス効果は、美容や健康にのために是非取り入れてみたいものですね。
効率良くデトックス効果を実感しながら栄養を補いたい方には、活性炭が配合された青汁もオススメです。

大麦若葉やケールなどの優れた栄養素と活性炭のデトックス効果も一緒に摂取できるので、まさに一石二鳥。

さらに青汁の含まれる豊富な食物繊維が活性炭の排出効果をさらに高めてくれますよ。

炭配合の青汁おすすめ7選

ユーワ おいしいフルーツ青汁 3種の活性炭

伊那赤松妙炭・ヤシ殻活性炭 ・鎌倉珪竹炭を配合

大麦若葉に伊那赤松妙炭・ヤシ殻活性炭 ・鎌倉珪竹炭と3種類もの活性炭を配合した青汁です。
さらにキャベツやホウレンソウ、イチゴやキウイフルーツなどの75種の植物配合エキスにくわえ150億個の乳酸菌も配合。
さまざまな栄養素が毎日のキレイをサポートし、スッキリ効果を高めてくれます。
アップルマンゴー味で飲みやすく、青汁が苦手な方にもおすすめです。

日本薬健 活性炭×青汁

レモンミント味でサッパリと。農薬不使用大麦若葉使用

農薬不使用でつくられた純国産の大麦若葉に色素・糖質・脂質の吸着率が最も高い国産もみ殻でつくられた活性炭を配合した青汁です。
1食あたり100億個の乳酸菌、食物繊維、鉄クロロフィリンにモリンガと健康効果の高い成分を配合。
レモンミントでスッキリと味わいで、毎日継続しやすくなっています。

ファビウス 黒汁ブラッククレンズ

クセがなく飲みやすい黒糖玄米味の活性炭青汁

黒糖やはちみつなどの自然由来の甘味成分を使用した優しい味わいの青汁です。

ヤシ殻活性炭・赤松炭・もみ殻由来の炭末色素を配合し、発酵黒ショウガ、黒ジャバラ、黒スグリ、黒高麗人参、黒ニンニクなど9種の黒成分がダイエットをサポートします。

さらに2種類の乳酸菌や250種類以上の植物・果物発酵エキスが内側から働きかけます。
1杯でなるべく多くの食品を摂取したい方におすすめです。

広貫堂の青汁ブラック

国産桑の葉青汁に焙煎玄米・竹炭配合

農薬不使用の国産桑原にケール、ヨモギなど10種類の緑黄色野菜を主原料に、焙煎玄米・竹炭を配合しています。
毎日飲んでも飽きのこない味わいで、人工甘味料も使用していません。

野菜不足解消と炭の効果の両方を実感したい方におすすめです。

Healthful DETO CARBO チャコールクレンズ×青汁 

活性炭と4つの食物繊維でスッキリ美ボディ

厳選された大麦若葉青汁に、活性炭やコンニャクイモ抽出物、サイリウム、フランス産難消化性デキストリン、クエン酸、アルギン酸Naなどを配合。

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維がバランス良く含まれているため、毎日のスッキリを求めている方にオススメです。

管理栄養士とダイエットアドバイザーによる共同開発によってつくられ、すべて国内指定工場にて製造されています。

CAINZ 炭の青汁 

ヤシ殻活性炭末と赤松炭末配合。管理栄養士監修

大麦若葉を主原料に20種類の野菜と、ヤシ殻活性炭・赤松炭末を配合した青汁です。
個別包装になっているので飲みやすく、リーズナブルなので続けやすいのもこの商品の特徴です。
フルーティーな味わいで管理栄養士によってつくられているため、安心して飲むことができますよ。
油っこい食事の後にも重宝する商品です。

チャコールクレンズ ビーナス

フルーツ味で飲みやすい!ヤシ殻活性炭・赤松炭配合

大麦若葉にショウガ、チアシード、高麗人参、黒ジャバラ、黒ニンニクなどの健康成分をふんだんに配合。
活性炭には、ヤシ殻・赤松を使用しています。

フルーツがメインの植物発酵末が配合され、フルーティーな味わいで飲みやすくなっています。

活性炭を上手に取り入れよう

活性炭の優れた効果はおわかりいただけたでしょうか?
体に不要なものが取り除かれると、頭の先から爪の先まで様々な効果を実感しやくなります。

健康・美容を意識したいなら、このすぐれた吸着効果を利用しない手はありません。

デトックス効果が欲しい方は活性炭のパウダーやサプリメントで、野菜の栄養素も効率よく補いたい方は活性炭配合の青汁を是非ためしてみましょう。

関連記事