アサヒ緑健「ファイバー・イン」の効果効能は?口コミ・評判含め徹底検証レビュー!

いや~、長かったです。この1か月。

青汁ソムリエ(自称)としての知見を深めるために
ついに青汁業界NO.1アサヒ緑健の青汁に手をつけました。

なんと6種類もあったんですよ。
高額だというのは噂でなんとなく知っていたので

ずっと見ないふりをし、尻を向けてきたアサヒ緑健青汁シリーズ。

過去に5種類をレビューし今回でラスト
「完全制覇」となります。

トリを飾るのは特定保健用食品の許可を得た「ファイバー・イン」です。
難消化性デキストリンを配合し、「便通改善」を謳うことができる青汁です。

善始善終、慎終敬終の気持ちを忘れずレビューします!

目次

概要:アサヒ緑健「ファイバー・イン」4.3g×90包

特徴・特定保健用食品の青汁・「難消化性デキストリン」を配合し、便通を改善することにより、体の中から快調にします・1日3袋飲用でおなかの調子を整え便通を改善する機能が認められています・有機JAS認定の畑で栽培した九州・阿蘇産の大麦若葉“むぎおう”を使用・飲みやすい抹茶風味で、牛乳やお料理、ホットでもOK
販売会社株式会社 大地の力研究所(アサヒ緑健と東洋新薬の合弁会社)
原材料水溶性食物繊維(難消化性デキストリン)、有機大麦若葉末、還元麦芽糖、抹茶、スピルリナ末
アマゾン・楽天等の取扱いなし
返金保証なし
価格13400円(送料550円が別途かかる)定期コースは割引あり

そもそもアサヒ緑健「ファイバー・イン」とは?

青汁業界NO.1売上を誇るアサヒ緑健が2002年11月に発売した特定保健用食品の青汁です。アサヒ緑健の青汁の中で最も売れている「緑効青汁」にも使用されている青汁専用大麦若葉“むぎおう”をベースに、難消化性デキストリンを加えて「便通の改善」を期待できる青汁です。特定保健用食品(関与成分:難消化性デキストリン)の許可を得ています。“むぎおう”の豊富な栄養素を摂取でき、便通改善効果もあることから女性を中心に長年支持されてきました。

デメリットも隠しません!青汁ソムリエ(自称)の徹底検証レビュー:アサヒ緑健「ファイバー・イン」、飲んでみた

■食べたものは「同化」させる、もしくは「排出」させるかのどちらかをしなければなりません!

非常にシンプルです。

カラダに取り入れるものはすべて、肉体の一部として活用するか、
もしくは異物と認識されて体外に排出するかのどちらかです。

実は「異物を体外に排出する」という行為は、大きなエネルギーを要します。
幾多の内臓を経由し、たくさんのプロセスが必要とされるからです。

何かしらの原因で排出のプロセスが滞ってしまうと、体内に毒がたまってしまいます。

今回レビューするアサヒ緑健「ファイバー・イン」は、
便通(排出)改善ができる青汁です。


人間のカラダにとって質の高い栄養素を摂ることは大事ですが、
排出も等しく重要となります。

お通じに悩んでいる方は、ドラッグストアの店頭でも非常に多いんですよね。

そんな多くの方たちのお悩みに応えることができる商品なのか、
医薬品登録販売者でもある青汁ソムリエ(自称)が厳しくチェックしますよ~。

検証ポイントは全部で8項目あります。

各検証ごとに独自独断にて★で5段階の総合評価をしています。

★  問題あり
★★ 多少の問題あり
★★★ 普通
★★★★ 良い
★★★★★ とても良い

それでは、さっそくレビュー開始です!

【検証ポイント1】購入~商品到着まで

無事到着いたしました。福岡~札幌(アサヒ緑健本社所在地~青汁ソムリエ宅)までお疲れ様でございました。

検証1 総合評価 ★★★☆☆
アサヒ緑健公式サイトで注文し、要した時間は4日間です。
「早くもなく、遅くもなく」です。

【検証ポイント2】同梱物とパッケージ、裏面表記レビュー

同梱物一式です。わかってますよ?皆様が気になっているのは「みどでん新聞」ですね?
こちらの新聞ですが「お客様からの感謝の手紙(緑の伝言板)」や、今回の号での特集なのでしょう、「誤嚥予防トレーニング」の方法が詳しく書かれていました。大変わかりやすく書かれており、医薬品登録販売者でもある青汁ソムリエ(自称)が読んでも勉強になりました。アオジラーにおかれましては、日本経済新聞より優先して読むべきものでしょう。

天面が商品のメインフェイスです。「Tokuho no Aojiru」ファイバー・インでございます。
バック左半分に妙な達筆で「緑」と書かれていますが、青汁ソムリエ(自称)的には「便」と書いて、攻めてほしかったです。

側面1。健康食品は効能効果をパッケージ等では謳えないのですが、特定保健用食品は許可された範囲内で記載できるというメリットがあります。「ファイバー・イン」は特定保健用食品なので、おおっぴらに謳うことができます。この面だけで効能効果を、「便通改善」×2回、「便通を改善」×2回の計4回も載せてしまう大盤振る舞いです。

側面2。右上のトクホマークが輝いています。あれ?他のアサヒ緑健の青汁の1包あたりのグラム数は「3.5g」「5.0g」などの0.5g刻みであるのに、「ファイバー・イン」だけまさかの「4.3g」とな。青汁ソムリエ(自称)はどうしても細かいことが気になります。

側面3。アサヒ緑健オリジナルの青汁専用大麦若葉“むぎおう”を使用していることが明記されています。

側面4。「難消化性デキストリン」にて特定保健用食品の許可を消費者庁から受けていることが説明されています。

開封してみます。んっ?あまりにも普通。アサヒ緑健の他5種のレビューを見ていただけるとわかりますが、「ファイバー・イン」以外は間仕切り等に何かしらの工夫があったんですが…。手抜きというわけではないのでしょうが、なぜでしょうねぇ?

検証2 総合評価 ★★★★☆
アサヒ緑健の青汁シリーズのパッケージは使用している紙も上質で、丁寧に作られています。ただ、こちらの「ファイバー・イン」は同社の他5種に比べると開けた瞬間の楽しさに欠ける点と、全体的になんとなく地味な印象なのでマイナス1です。青汁ソムリエ(自称)の印象ではこの青汁は女性にウケる商品だと思うので、もっとポップな色合いのほうがいいのではないか、と思った次第です。

【検証ポイント3】1食分の形状~飲むまで(作り方・作りやすさ)

分包オモテです。トクホであることがしっかりと記載されています。切り口もついており、わずかな力で開けることができるのは嬉しいです。

分包ウラ。原材料名や摂取目安、飲み方が1包1包記載されているので箱を捨ててしまったとしても安心です。

それでは形状を確認してみましょう。“むぎおう”独特の濃緑色で細粒状の粉末です。

早速溶かしてみましょう。

溶かす際のルール:
100mlの純水に溶かし、スプーンにて10秒間かき混ぜ、
どの程度溶け残りがあるかを見る。

検証3 総合評価 ★★★☆☆
う~ん。ちょっと溶けにくいかな。入れた瞬間はかなり自発的に溶けてくれるのですが、10秒間かき混ぜたあとでも、白いスプーンにはダマがついていました。ただ、擁護するわけではありませんが、飲む前に追加で5秒かき混ぜたらキレイに溶けてましたね。

【検証ポイント4】味のレビュー(おいしさ・口当たり・後味)

それでは飲んでみます!

検証4 総合評価 ★★★★★
難消化性デキストリンやスピルリナが配合されていますが、良い意味で個性のない、普通のおいしい大麦若葉の青汁です。いえ、正確には「普通」ではありません。ここ1か月間、ほとんど毎日アサヒ緑健の青汁を飲んでいましたが、どれも高次元のおいしさです。他社の大麦若葉単体の青汁と比較すると格段に美味しい。これは企業努力の為せる業でしょう。舌触りはわずかではありますが、パサパサした粉っぽさを感じます。後味は、ヘルシーで爽やかな抹茶風味です。

【検証ポイント5】成分評価・説明

■水溶性食物繊維:難消化性デキストリン
水溶性食物繊維は様々な種類が確認されていますが、全般的にいえることは植物の分泌物や細胞質の中に水に溶けた形で含まれる難消化性の物質で、ヌルヌルしたゲル状で有害成分などを抱き込む吸着力が強いという特徴があることです。さらに、食物の消化・吸収を緩慢にして血糖値の急な上昇を抑えたり、胆汁酸を吸着してコレステロールの産生を抑えるほか、便秘への有効性などが期待されており、現在では「飲む食物繊維」などの多種多様な利用法が開発されています。

「ファイバー・イン」に配合されている水溶性食物繊維の1つである難消化性デキストリンは、デキストリンを酵素で分解し、難消化性部分を分離精製した多糖類です。整腸作用のほか、生活習慣病の改善を期待できるとされています。優秀な特徴として、他の食品成分と反応しない特性があります。飲料、菓子、練り製品、スープなど多くの食材に広く用いられている安心の成分です。「特定保健用食品」の関与成分でもあります。

■有機大麦若葉末
「ファイバー・イン」の大麦若葉は「緑効青汁」と同様に、熊本県阿蘇地方で「有機JAS認定」の契約農家の畑で育てられた“むぎおう”という青汁専用大麦若葉を使用しています。アサヒ緑健が精魂込めて開発した“むぎおう”はおいしい青汁を作るためだけに開発された大麦若葉で、クセがなく、ほんのり甘さを感じるほどです。通常の大麦若葉よりも根が多いため大地の栄養素をたっぷり含んでいるのが特徴です。さらに、乳酸菌を増やす力が従来の大麦若葉よりも強いため、難消化性デキストリンとの相性も抜群です。太陽と自然の恵みをふんだんに取り入れた大麦若葉は濃い緑色を呈します。

■還元麦芽糖
還元麦芽糖はトウモロコシなどのでんぷんからつくられる、砂糖よりも低カロリーの甘味料で、すっきりした甘さが特長です。 糖尿病の食事療法では、長年にわたり「還元麦芽糖」が使用され続けており、安心の成分です。

■抹茶
“むぎおう”はクセのない大麦若葉ですが、どうしてもわずかな青臭さは有するため、さらに美味しく仕上げるために抹茶が加えられています。

■スピルリナ末
スピルリナは緑青色をした藍藻の一種で、0.3~0.5㎜くらいの大きさですが、ワインのコルク抜きのように螺旋状をしていることから、ラテン語で“螺旋” “ねじれる”を意味する「スピルリナ」という名前がつけられました。
食用としての歴史は古く、16世紀のメキシコ高原に栄えたアステカ王国では、この地に多い塩湖に自生していたスピルリナを常食していたという記録も残っているようです。
栄養素の特徴としては、まずタンパク質の含量が60~70%と非常に高く、高タンパク食として大きな価値をもっています。しかも必須アミノ酸についてはすべてを高単位に含んでおり、優れた栄養バランスを保っています。さらに、ビタミンやミネラルも豊富に含まれているスーパーフードです。

検証5 総合評価 ★★★★☆
「便通改善」と「優れた栄養素の摂取」の両方を期待できる配合バランスが良いですね!スピルリナが配合されているのも珍しく、フロンティア精神を感じます。ただ、「何が、どのくらいの量」配合されているのかが、パッケージはおろか公式サイトにおいてさえ記載がありません。そこはマイナスポイントですね。

【検証ポイント6】コスパ

アサヒ緑健「ファイバー・イン」4.3g×90包

 販売価格(税込) 13400円(送料550円別途必要)
 一杯あたり    約149円
 販売経路 店頭販売はされていません。 通販(ネット販売)のみ。
 定期購入の有無  あり(直販サイトにて)

検証6 総合評価 ★
やってくれました。さすが青汁業界NO.1のアサヒ緑健様です。
今回のアサヒ緑健青汁シリーズマラソンレビュー。
最後の最後に青汁ソムリエ(自称)の懐にトドメを刺してくれました。
便通改善効果が出るといわれている「1日3包」飲用だと1か月分で13400円かかります…。
そのうえ、別途550円の送料
とな!?
これはなんと隙を生じぬ二段構え。被弾必至。致命傷です。
いくらなんでも高すぎやろ!!(道産子が思わず関西弁になるほどです)
いい成分だとは思うんですけどねぇ…。
でも続けることができないのであれば、ちょっとなあ。

【検証ポイント7】その他の飲み方検証(ヨーグルト/牛乳/豆乳/白湯(ホット)/グレープジュース/オレンジジュース)

検証6で痛恨の一撃を喰らいましたが、レビューを続けます。

ここでは水以外の素材に「ファイバー・イン」を溶かして飲んでみます。

・ヨーグルト

一番手は「ヨーグルト」です。決して溶けやすいとは感じないのですが、粘度があり乳成分に包まれるためか粉っぽさはほとんど感じません。ヨーグルトのクリーミーな風味そのままなのですが、一口目のみ鼻にわずかな青臭さを感じました。

溶けやすさ:★★★☆☆
味・におい:★★★★☆
総合評価 :★★★★☆

・牛乳

お次の乳製品は牛乳です。コップの底にちょっと溶け残りがありますね。特濃牛乳を使用したせいだと思いますが、青汁を混ぜたとは思えない風味豊かな味です。牛乳も、少しだけではありますが一口目の青臭さは感じます。

溶けやすさ:★★★☆☆
味・におい:★★★★☆
総合評価 :★★★★☆

・豆乳

乳製品ラストは豆乳です。写真でもわかると思うのですが、コップ底にだいぶ溶け残りがありますね。難消化性デキストリンが配合されると溶けずらくなるのかな…?今までのアサヒ緑健の青汁たちよりも、溶けづらい印象があります。ですが、味は美味しい。無調整豆乳を使用したのでさっぱりしており、ゴクゴク飲めます。トーストに合わせるだけで、栄養バランスもグッと良くなりますよ♪

溶けやすさ:★★★☆☆
味・におい:★★★★★
総合評価 :★★★★☆

・白湯(ホット:50℃程度)

白湯で飲んでみます。ごく一部の青汁を除き、ホットにすることで粉末は大変溶けやすくなります。「ファイバー・イン」も同様でした。口の中で抹茶の風味が適度な温度でじわっと広がります。今年の(2021年)の北海道の冬は大変寒いので、沁みますねぇ。

溶けやすさ:★★★★★
味・におい:★★★★☆
総合評価 :★★★★☆

・グレープジュース

いつもはリンゴジュースで試すのですが、若干飽きたので今回は100%グレープジュースに溶かしてみました。想像を越える悪魔的色彩の飲料が出来上がりました。粉末が溶け残っているかどうかすらわかりません。「目新しさ補正」による上方修正もかかりましたが、味も悪魔的に美味い。非常にフルーティー。

溶けやすさ:粉末が見えないぐらいドス黒い
味・におい:★★★★★
総合評価 :★★★★★

・オレンジジュース

ラストは、いつも安定の美味しさを提供してくれる100%オレンジジュース。うん、やっぱり美味しい~♪ オレンジの格段の爽やかさがいいですね。においは柑橘系のニオイにかき消されている印象です。

溶けやすさ:★★★☆☆
味・におい:★★★★★
総合評価 :★★★★★

検証7 総合評価 ★★★★☆

アサヒ緑健の青汁はどれも「素材の味を壊さない」ものばかりです。今回レビューした「ファイバー・イン」も、もちろん期待を裏切らない結果でした。どの素材も大変おいしく、ハズレはなかったと思います。100%ジュースはお子様でも飲めますので、野菜嫌いのお子様を持つお母様はアンパンマンやドラえもんの水筒に入れて飲ませましょう。大人に関しては、銭湯で風呂上りに飲むものコーヒー牛乳やフルーツ牛乳なんてもう古いですよ。今は令和です。これからは「青汁豆乳」の時代です。みんなで猛プッシュ!ちょっとだけ溶けづらさが目立ったのでマイナス1。

【検証ポイント8】他製品との比較

アサヒ緑健「ファイバー・イン」と類似青汁商品2品を徹底比較!

【アサヒ緑健】
「ファイバー・イン」90包
 【大正製薬】ヘルスマネージ 大麦若葉青汁<難消化性デキストリン> 特定保健用食品 30袋  【プレイン】アルファ難消化性デキストリン青汁(とうもろこし由来食物繊維) 30包
 特定保健用食品   〇    〇    ✖
  平均価格  (税込)  13400円   3280円   2000円
 一杯あたり  約149円  約109円   約67円
 主な材料水溶性食物繊維(難消化性デキストリン)、有機大麦若葉末、還元麦芽糖、抹茶、スピルリナ末水溶性食物繊維(難消化性デキストリン)、大麦若葉末、抹茶、緑茶抽出物
大麦若葉粉末、はちみつ粉末/αシクロデキストリン
 原材料生産国   日本   日本 ニュージーランド
   コスパ  ★☆☆☆☆  ★★★☆☆  ★★★★★
  美味しさ   ★★★★★  ★★★☆☆  ★★★☆☆
  成分充実度  ★★★★☆  ★★★★☆  ★★★☆☆
   安全度  ★★★★☆  ★★★★☆  ★★★☆☆
  オススメ度  ★★★☆☆  ★★★☆☆  ★★★☆☆

検証8 総合評価 ★★★

今回はトータルでは大きな差はつきませんでした。「ファイバー・イン」は優れている項目が多いのですが、やはりコスパがネックに。大正製薬「ヘルスマネージ」はすべての項目で及第点以上を獲得。株式会社プレイン「α難消化性デキストリン青汁」は今回初めて飲みましたがコスパ抜群で意外にも美味しい。ですが、成分・安全度で若干見劣りしました。結果、3商品ともにオススメ度は★3となりました。

【結論】アサヒ緑健「ファイバー・イン」は“便通ファースト”の方にはツボに入る青汁である!でもさあ…。

“便通ファースト”の方が青汁を、それこそ「ファーストチョイス」するのかどうかは甚だ疑問ではあります。ですが「うお~!私は青汁で便通を解消したいんだ!」という方にはベターな青汁です。「私は青汁にいくらお金をかけてもいいの!うふっ♥」という方にはベストアンサーの青汁です。…。しかし、ドラッグストアであれば「青汁+食物繊維+整腸剤+スピルリナ」の4品をそれぞれ購入してもこんなに高くないですからね…。百戦錬磨(?)の青汁ソムリエ(自称)ですら、ドラッグストア店頭に並んでいたなら、どのように販売しようか悩んでしまう困ったちゃんでもあるんですよねぇ…。

気になる他者の口コミやSNSの評価を調査!

さて。結論で若干厳しいことを書いてしまいましたが、あくまでも青汁ソムリエ(自称)の一意見にすぎません。青汁を飲みすぎているため、知らず知らずのうちに評価ハードルが高くなっている可能性もあります。

なので、世のアオジラーの意見も見ていきましょう。

まずはSNSから。

って思いましたが、インスタグラムやツイッターに投稿が見当たりませんよ…。

Amazonや楽天にはそもそも扱いがないですし…。

と、途方に暮れていたら検索ヒット!

@コスメ様、ありがとう!

異様に古いコメントなのが気になりますが、評価内容は現代でもさほど変わらないだろうと判断しましたので載せておきますね。

そうなんです。青汁と乳製品の組み合わせは最高なんですよ。ポールマッカートニーとジョンレノンみたいなものです(←絶対ちがう)。

「効果を実感した!」というコメントを発見!食物繊維は副作用もほとんどないので、安心して飲めますよね。でも、やっぱり高いですよね。

「青汁、青汁、青汁」と誰もが叫んでいるような黄金時代がどこにあったのでしょうか?青汁ソムリエ(自称)はこちらのコメント当時にはとっくにドラッグストアで勤務していたのですが、まるで覚えがありません。是非経験したかったのですが、私だけタイムスリップでもしていたようです。たしかに、アサヒ緑健「青汁×コラーゲン」は評判がいいですよね。「ファイバー・イン」に関しては軽くdisられているようで少し悲しいですが…。

口コミ内容の総評価

2002年発売の割には口コミが少ない印象です。堅実な作りですがインスタ映えしないパッケージ、そして「お通じ」という若干デリケートな部分なので話題にしづらいこともあるんでしょうね。近日中に便秘気味のウチの妻に飲ませて、結果を口コミさせましょう。

アサヒ緑健「ファイバー・イン」の買い方(単品購入/定期購入有無/定期縛り有無)

アサヒ緑健の青汁シリーズは、「緑効青汁」を覗いてAmazonや楽天での取り扱いはありません。アサヒ緑健の公式サイトにて購入することになります。お得な割引もありますし、後述する「ポイントシール」はAmazon購入品にはついていませんので注意が必要です。

■単品購入(通常注文)

単品購入での1箱価格は13400円で、送料が別途550円かかります。

合わせると13950円(!)にもなってしまいます。

救済措置(?)にもなりませんが「組み合わせ購入割引」というものがあります。

2箱同時購入で5%割引。
3箱同時購入で5%割引。
4箱同時購入で10%割引

になります。

4箱購入で半額ぐらいにしてくださいよ…。
アサヒ緑健の他の青汁との組み合わせ購入でもこちらの割引率は適用になります。何個購入しても、送料は1個分の550円となるのは好印象です。
「自分のペースで購入したい」「定期コースは解約時に面倒だ」という方は単品購入(通常注文)を選択しましょう。

■定期コース

定期コース(1か月に1回配送)の1箱価格は12730円(送料込み)です。定期購入でも諭吉1枚で購入できないとはおそるべし。一応、単品購入に比べて1220円お得になっています。大きい値引きなのですが、ありがたみを感じづらいです。

「超高いので、可能な限り安く購入したい」「強制的に送付してくれたほうが、継続飲用できる」というような方は定期コースを選択しましょう。

定期コースにも「組み合わせ購入割引」が設けられています。

1箱注文で5%引き。
2箱注文で10%引き。
3箱注文で12%引き。
4箱注文で15%引き(4箱以降は15%一定となります)

になります。

「ファイバー・イン」の定期購入の解約方法

「ファイバー・イン」の定期コースには「縛り(〇回購入必須というもの)」がありません。解約・休止するときは次回お届け日の10日前までに連絡を入れるだけです。

・ポイント交換制度

アサヒ緑健の青汁シリーズにはポイントシールを集めると“厳選良品”と交換できる制度があります。もちろん今回ご紹介している「ファイバー・イン」も対象です。ポイントシールは商品1箱につき1枚付いています(注意!Amazonや楽天で頼むと、ポイントシールがついてきません!それを考えるとアサヒ緑健公式サイトで購入したほうがお得だと思います)。
定期的に購入していただいているお客さまに少しでも感謝の気持ちをお返ししたいという想いから始まったのが、こちらのポイント交換サービスです。
青汁商品に付いているポイントシールを集めると全国各地の「厳選良品※」と交換することができます。ご用意している交換商品はすべて原料、味、製法にこだわった逸品ばかりです。ぜひ、ポイントシールを集めてお好みの品と交換しましょう!
ポイントシールを貼る台紙は、青汁に同梱されていますのでご安心を。

※「厳選良品」とは?
生産者が愛情を込めて育てた食材、伝統製法を守る職人が精魂込めて作った商品のことです。アサヒ緑健では、そういった日本に受け継がれる貴重な食文化を全国から探し出し、「厳選良品」としてご愛飲されているリピーターの方に「ポイントシール6枚」で交換しています。例えば、農薬や化学肥料を極力使わない栽培法、国産素材を用いて無添加で仕上げる製法など、商品の全てがおいしさはもちろん、安心・安全にもこだわった逸品が揃っています。青汁購入時の同梱パンフレットにくわしく記載されていますが、どの商品も普段はなかなか購入しない高級感があるものばかりです。アサヒ緑健の社員が実際に現地へ足を運び、これぞ本物と確信した選りすぐりの味のみをお届けしています。どれもおいしそう…。

※公式サイトから引用

台紙が足りなくなった・紛失した場合は下記に電話 or 連絡してください。
0120-003-600
受付時間:9:00~20:00 365日受付
メールアドレス:info@003003.jp

アサヒ緑健「ファイバー・イン」のQ&A

Q1.いつ、どれくらい飲めばいいですか?

A1.「ファイバー・イン」は食品ですので、決まった時間に飲む必要はありません。体質や体調によっては、お腹がはったり、ゆるくなることがありますので、その場合は飲む時間を変えてみてください。1日3袋を目安に摂取しお腹の調子を整えることで特定保健用食品の許可を受けていますので、1日3袋を目安に毎日継続してお飲みいただくことをおすすめします。

Q2.どれぐらいの期間飲めば、実感できますか?

A2.体質や体調などの個人差がありますので、2~3日で便通が改善された方もいれば、1~2週間程度かかる方もいらっしゃいます。

Q3.妊娠中の人が飲んでも大丈夫ですか?

A3.「ファイバー・イン」は食品ですので、どのような方にもお召し上がりいただけます。ただ、食物繊維が豊富に含まれていますので、妊娠・授乳中の方は医師にご相談されることをおすすめいたします。

Q4.保存方法はどうすればいいですか?

A4.「ファイバー・イン」は常温で保存できます。棚の中など、直射日光の当たらない場所で保管していただければけっこうです。賞味期限は製造日より2年間で、箱の側面に表示しています。

アサヒ緑健「ファイバー・イン」の販売元情報

   名称大麦若葉加工食品
   会社名株式会社 大地の力研究所(アサヒ緑健と東洋新薬の合弁会社)
   代表者古賀 良太
   住所福岡市博多区博多駅東3丁目5番15号
   電話番号092-471-4800
   業務内容青汁の通信販売・ホテル運営
          会社HPhttps://003003.jp/

アサヒ緑健「ファイバー・イン」のまとめ

いかがでしたでしょうか?

アサヒ緑健「ファイバー・イン」は水溶性食物繊維である難消化性デキストリンを豊富に含んでいることで“青汁の豊富な栄養素の摂取”と“便通改善”が自然に行える商品でした。価格が継続飲用への大きなネックとなりますが、逆にそこをクリアできるならばあなたの「健康食品のベストアンサー」となるかもしれません!

最後に青汁ソムリエ(自称)は薄給ゆえに「高い高い」と書きすぎてしまったことをこの場でお詫びいたします。

それではまた、別の青汁で♪

あわせて読みたい記事

関連記事