【お客様の声から選んだ厳選5品】栄養目的で選ぶならこの青汁!

青汁ソムリエ(自称)はドラッグストアで20年勤務しています。

医薬品登録販売者の資格を持っており、毎日店頭でお客様と接客しているので

商品の感想を直接聞けることが強みなんです。

「店頭での実際のお客様の声に勝るものはない」

と思っています。

そんな私がお客様の感想をもとに、

「栄養目的で選ぶならこの5つの青汁」

というものをチョイスしてみました。

それぞれに突出した特徴を持っているので甲乙つけがたく、

今回はランキング付けはしておりません。

ただ、その中でも「VI-DA」は栄養配合量では頭一つ抜けている印象はあります。

この記事があなたの青汁選びの参考に少しでもなれば幸いです。

実は、5品のうちの4品が「通販専売品」です。

ここ数年の青汁の店頭販売実績は少しずつ減少しています。

理由は「通販青汁」が台頭してきているからです。

お客様に、なぜ店頭の青汁を購入しないのかを伺ったところ、

「安いけど、買いに来るのを忘れちゃう」

「通販の青汁のほうがずっと栄養価が高い」

「通販の青汁のほうが美味しい」

という率直な意見を頂きました。

販売員として店頭勤務している私としては少し残念な気持ちにはなりましたが、
お客様が青汁から離れてしまったワケではなかったので安心しました。

「では、どんな青汁を現在飲んでいるんですか?」

という私の質問に応えてくれたお客様の声を集計して選んだものが以下の5品です。

さっそく、紹介していきますね~。

★株式会社なにわサプリ「VI-DA」(数多の青汁の中でも群を抜いた栄養素配合量)

株式会社なにわサプリ「VI-DA」
特徴 ・「青汁の栄養価」と「スムージーの飲みやすさ」という良いところどりをしたハイブリッド型青汁・相性の良い成分を複数入れることで、カラダで活用されやすい状態で摂り入れることができる・たった一杯分の栄養素で、「成人女性1人一日の栄養目標量」の主要12項目を上回っている・カロリーが低いので置き換えはもちろん、“プラス1品”で用いても気にならない・14種の野菜だけではなく、18種のスーパーフードも配合・食物繊維と乳酸菌も含まれていて、腸内環境を整えたい方にも最適
販売会社 株式会社なにわサプリ
原材料 【VI-DA:ピーチ風味】水溶性食物繊維(フランス製造)、大麦若葉末、チアシード、グルコマンナン、大豆タンパク、デキストリン、白桃果汁パウダー、コラーゲンペプチド、キダチアロエ末、ヒアルロン酸、豚プラセンタエキス末、乳糖、イチゴ抽出物、ケール末、乳酸菌(殺菌)、キヌア末、アマランサス末、ブロッコリー末、胚芽押麦末、大麦粉、南瓜末、コエンザイムQ10、チンゲン菜末、パセリ末、モリンガ末、麻の実末、クコの実末、マカ末、ザクロ果汁末、ココナッツオイル末、アサイーエキス末、人参末、ココアパウダー、セロリ末、苦瓜末、ほうれん草末、桑の葉末、モロヘイヤ末、よもぎ末、スピルリナ、レッドドラゴンフルーツエキス末、トマト末、マキベリー果汁末、カムカム果汁末、ブロッコリースプラウト末/香料、V.C、クエン酸、クエン酸第一鉄ナトリウム、甘味料(ステビア)、抽出V.E、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B1、V.B6、ソルビトール、V.B2、アラビアガム、V.A、葉酸、リンゴ酸、V.D、V.B12、(一部に乳・大豆・ゼラチン・豚肉・ももを含む)
【VI-DA:レモンヨーグルト風味】水溶性食水溶性食物繊維(フランス製造)、大豆たんぱく、乳等を主要原料とする食品、グルコマンナン、コラーゲンペプチド、豚プラセンタエキス 末、加工油脂、デキストリン、乳糖、大麦若葉末、ケール末、濃縮レモン、乳酸菌(殺菌)、キヌア末、アマランサス末、ブロッコリー末、胚芽押麦末、大麦粉、南瓜末、コエンザイムQ10、チンゲン菜末、パセリ末、モリンガ末、麻の実 末、クコの実末、マカ末、ザクロ果汁末、ココナッツオイル末、アサイーエキス末、人参末、ココアパウダー、セロリ末、苦瓜末、ほうれん草末、桑の葉末、モロヘイヤ末、よもぎ末、スピルリナ、レッドドラゴンフルーツエキス末、トマト末、マキベリー果汁末、カムカム果汁末、ブロッコリースプラウト末、乳酸菌プレミックス末/V.C、香料、甘味料(ステビア)、乳化剤、ピロリン酸第二鉄、抽出V.E、ナイアシン、ヒアルロン酸、パントテン酸Ca、V.B1、V.B6、ソルビトール、V.B2、アラビアガム、V.A、葉酸、リンゴ酸、V.D、V.B12、(一部に乳成分・大豆・ゼラチン・豚肉を含む)
【VI-DA:黒糖ほうじ茶風味】水溶性食物繊維(フランス製造)、緑茶(加賀棒茶100%)、大麦若葉末、クリーミングパウダー、黒糖、食塩、グルコマンナン、大豆たんぱく、コラーゲンペチプド、豚プラセンタエキス末、加工油脂、デキストリン、茶エキスパウダー、乳糖、ケール末、乳酸菌(殺菌)、キヌア末、アマランサス末、ブロッコリー末、胚芽押麦末、大麦粉、南瓜末、コエンザイムQ10、チンゲン菜末、パセリ末、モリンガ末、麻の実 末、クコの実末、マカ末、ザクロ果汁末、ココナッツオイル末、アサイーエキス末、人参末、ココアパウダー、セロリ末、苦瓜末、ほうれん草末、桑の葉末、モロヘイヤ末、よもぎ末、スピルリナ、レッドドラゴンフルーツエキス末、トマト末、マキベリー果汁末、カムカム果汁末、ブロッコリースプラウト末/クエン酸三ナトリウム、V.C、ピロリン酸第二鉄、香料、甘味料(ステビア)、乳化剤、抽出V.E、ナイアシン、ヒアルロン酸、パントテン酸Ca、V.B1、V.B6、ソルビトール、V.B2、アラビアガム、V.A、葉酸、リンゴ酸、V.D、V.B12、(一部に乳成分・大豆・ゼラチン・豚肉を含む)
内容量 120g(15回分)
アマゾン・楽天等の取扱い あり
平均価格 各種2500円(新発売記念特別価格)
1杯単価 約167円

1つめの商品は「VI-DA」です。
‟スムージー”と‟青汁”の良いところどりをした「ハイブリッド青汁」という新しいカテゴリに存在する商品です。
この青汁はちょっと、スゴいですよ~♪
表も載せましたが、たった1杯で12の栄養素の「成人女性1人一日の目標量」
を上回っています。
これほどまでに濃い栄養素を有した青汁を私は知りません。
「VI-DA」のことは知り合いの管理栄養士から聞いて知ってはいましたが(レビューもしております)、最近ではお客様からもチラホラその名前が出るようになりました。
鉄や葉酸が入っているので女性に人気ですが、私としては男性にもぜひ飲んでほしいです。
鉄は脳の疲れを癒す手助けをしてくれるとも言われていますし、男性側の「妊活サポート」にも有効だとされる研究結果もあります。女性はもちろん、我々‟オス”にも必要な成分だということをもっと知って欲しいですね。
女性に人気なのはもう一つ理由があります。それは「置き換えダイエット」に最適だということ。「VI-DA」の栄養素配合量はとても多いので、1食分を置き換えたとしても健康と美容を損ないずらいんです!ダイエットをしているときはどうしても栄養バランスが偏りがち。そんな悩みを「VI-DA」は解消してくれます。
しかも、美味しいんですよね。ケチを付けづらい商品です。

「元気が欲しい人はVI-DA」
「ダイエットをしたい人はVI-DA」
「美容をサポートするにもVI-DA」

です。

悩んだなら、とりあえずこれを飲んでみましょう。

後悔はしないと思います。

★キューサイ株式会社 「ザ・ケール(冷凍タイプ)」(ケールが含有する高濃度ルテインが視力をサポート)

株式会社キューサイ「ザ・ケール」
特徴 ・「まずいー。もう一杯!」のCMで有名なキューサイの看板青汁・キューサイがこだわり続ける、栄養価が非常に高い「ケール」の青汁・種を育てる段階から農薬と化学肥料を一切不使用で育てられた国産ケールを使用・こだわり製法のケールを新鮮なうちにしぼり、約マイナス40℃で急速冷凍しているから新鮮そのもの・ケール以外の余計なものは一切入っていない
販売会社 キューサイ株式会社
原材料 ケール(国産)、ビタミンC
内容量 630g(90g×7袋)×5セット
アマゾン・楽天等の取扱い あり
平均価格 約5653円
1杯単価 約162円

2つめはキューサイ株式会社の「ザ・ケール(冷凍タイプ)」。この青汁も栄養価の高い商品です。ケールという野菜は大変栄養価が高い素材ですが、その分風味のクセもとても強いのです。なので、青汁のメイン素材は比較的クセの少ない大麦若葉を使用していることが多いのですが、そんなセオリーは完全無視の「ケール100%」の青汁です。
「めちゃマズそう」と思われている方が多いと思いますが、たしかに青臭さはあるものの大麦若葉の青汁が飲める方であれば、吐き出してしまうような味ではありません。昔はもっと美味しくなかった印象なのですが、企業努力でここまでブラッシュアップしたのでしょうか。単純に私が青汁を飲みすぎていて、舌がオカしくなっている可能性も捨てきれませんので参考程度の意見と捉えてください。ケールが含有している栄養素は表で確認していただきたいのですが、私が注目している成分は「ルテイン(黄色色素:カロテノイド)」なんですよね。現代人はスマホやパソコンの使用頻度が劇的に増えたことにより、目の疲れを訴える方が大変多いです。目薬に頼るのも良いのですが、ルテインを摂取することによりスマホなどからの青色光(ブルーライト)からのダメージの軽減が期待できます。
ルテインは、黄斑と呼ばれる網膜の中央部(物を見るときに焦点が合う網膜の中で最も大切な部位)に存在しています。黄斑色素は網膜に有害な青色光(ブルーライト)を吸収し、活性酸素を消去することで、網膜を守っています。しかし、加齢によって黄斑色素の密度は減少してしまいます。長時間にわたり青色光を目に入れてしまうことは網膜にダメージを与え、加齢黄斑変性の誘因になります。もはやスマホやパソコンのない環境は考えられないので、ブルーライトとは上手に付き合っていく(対処していく)しかありません。
ルテインは体内で作ることができず、食事からの摂取することが基本となります。サプリメントでも良いのですが、個人的にはルテインだけではなく青汁が含有する様々な栄養素を一緒に摂れる「ザ・ケール(冷凍タイプ)」がオススメですね!

★株式会社ノルト:極濃青汁(皆が求めていた、オールインワン青汁)

https://003003.jp/aocolla.html「生搾り製法 極濃青汁」30包
特徴 ・生きた酵素やコラーゲン、22種の国産野菜や食物繊維が入ったオールインワンの生青汁 ・非加熱製法なので「酵素が生きている」・生搾り製法だから栄養の吸収性が高い
販売会社 株式会社ノルト
原材料 大葉若葉エキス(大葉若葉エキス(九州産)、デキストリン)、難消化性デキストリン、甘藷粉末、コラーゲンペプチド(ゼラチン)、乳酸菌末(乳酸菌、デキストリン)、野菜ミックス(22種の国産野菜)
内容量 90g(3g×30スティック)
アマゾン・楽天等の取扱い あり
ドラッグストア等での取り扱い なし
平均売価 約3980円
1杯単価 約133円

3つ目のオススメ商品は株式会社ノルトの「極濃青汁」です。商品名からは「どれだけ濃い風味の青汁なんだろう?」と思ってしまいそうですが、実は割とあっさりした飲み口で大変飲みやすい。では、何が「極濃」なのか?それはもちろん、この極濃青汁の「栄養素」のことです。極濃青汁は「オールインワン青汁」の異名があり、九州産の大麦若葉をはじめ、生きた酵素やコラーゲン、22種の国産野菜や食物繊維が入っています。さらに乳酸菌が150億個も配合され「スッキリ」もしっかりサポート。消費者が青汁に求めている「野菜の栄養素」「スッキリサポート」「美容サポート」という3つのツボを、1ミリもズレることなく押してくれています。これだけの充実した配合成分でありながら価格も手頃なので、継続しやすい点もポイントでしょう。

★金の青汁「25種の純国産野菜 乳酸菌×酵素」(コスパ最強でありながら、毎日の健康をしっかりサポート)

金の青汁「25種の純国産野菜 乳酸菌×酵素」60包
特徴 ・腸まで届く乳酸菌を1パックあたり200億個、酵素としての働き(活性)を保持した⻘パパイヤ由来酵素を配合・使⽤している25種類の野菜は、徹底した品質管理のもと、すべて⽇本国内で製造・主原料の⼤⻨若葉は、契約農家の⼿で農薬を⼀切使わずに栽培され、製造も⽇本の純国産青汁・味にもこだわり、沖縄産の黒糖を使⽤。ほんのり⽢く、毎⽇続けていただきやすい味・携帯に便利な粉末スティックタイプ
販売会社 株式会社 日本薬健
原材料 大麦若葉粉末(九州産)、水溶性食物繊維、還元麦芽糖、ケール粉末、黒糖、澱粉、パパイヤ抽出物、殺菌乳酸菌末(乳成分を含む)、野菜粉末(オクラ、キャベツ、ケール、ニンジン、カボチャ、ゴボウ、サツマイモ、サトイモ、シイタケ、ブロッコリー、アシタバ、アスパラガス、エダマメ、コマツナ、セロリ、ダイコン、ダイコン葉、タマネギ、パセリ、ホウレンソウ、レモン、レンコン)、桑葉粉末、ニガウリ粉末、モロヘイヤ粉末、ボタンボウフウ(長命草)粉末、きな粉(大豆を含む)
内容量 3.5g×60包
アマゾン・楽天等の取扱い あり
ドラッグストア等での取り扱い あり
平均売価 約2500円
1杯単価 約42円

4つめは日本薬健の「25種の純国産野菜 乳酸菌×酵素」です。こちらの商品はメイン素材に大麦若葉を用い、さらに25種類の野菜が配合された青汁です。素材は全て純国産というのが安心できます。国内の加工工場で残留農薬と放射能の検査も実施しており、安全性への配慮も高いです。1杯8kcalと非常に低カロリーなことも嬉しい。この青汁の一番のオススメポイントは1杯単価。驚愕の42円となっており、今回の5つの商品のなかで突出した安さを誇ります。青汁を初めて飲む、という方でも手を出しやすい商品だと思います。風味は価格相応の粉っぽさ・青臭さはあるものの、沖縄産黒糖を使用していて自然な甘味があるので青汁初心者でもそれほど抵抗なく飲めるでしょう。メイン原材料である大麦若葉とケールをベースに、ニンジンやブロッコリー、パセリなどの野菜を、合わせて25種類もブレンドしているので野菜不足を自覚されている方にピッタリです。さらにこの青汁の特徴として、「腸まで届く乳酸菌を200億個/1包」と「青パパイヤ由来の酵素」を配合しています。青汁成分摂取のみならず、胃腸の健康サポートまでしてくれてこの価格。「安価で色々な栄養素が入っている青汁を探している」方はマストバイな一品です。

★「青汁×コラーゲン」(高濃度のコラーゲンをカラダに補給)

アサヒ緑健「青汁×コラーゲン」60袋
特徴 ・元気と潤いのために生まれた青汁・青汁の健康成分と、ふっくら肌の成分であるコラーゲンを補給できる・1日2包でコラーゲン5500mg摂れる・「美と健康」をひとまとめにサポート・毎日続けることができる美味しさ・コラーゲンだけではなく、ヒアルロン酸・セラミドまでも配合
販売会社 株式会社 アサヒ緑健
原材料 魚由来コラーゲンペプチド(ゼラチンを含む、国内製造)、豚由来コラーゲンペプチド(ゼラチンを含む、国内製造)、有機大麦若葉末、還元麦麦芽糖、抹茶、アセロラ末、米抽出物(セラミド含有)、ヒアルロン酸
内容量 5g×60袋
アマゾン・楽天等の取扱い なし
平均売価 約10200円

最後に5つめの商品としてご紹介するのはアサヒ緑健の「青汁×コラーゲン」です。コラーゲンというと「女性の肌に」というイメージがありますが、実は男性にもとても重要、かつ必要な成分です。コラーゲンはタンパク質の一種で、私たち人間の体を構成しているタンパク質のうち、およそ30%を占めています。 そのうち皮膚には約40%、骨や軟骨には約20%が存在し、その他にも血管や靭帯、内臓など、全身に広く分布しています。各組織の細胞は毎日生まれ変わっていきますが、その際にコラーゲンが不足していると質の良い再生ができません。コラーゲンが関与している臓器は決して「肌」だけではないのです。
コラーゲンを経口摂取しても効果がない、という方もいますがそんなことはありません。なぜなら、私は男性ですが継続してコラーゲンを飲んでいてそのサポート力を実感しています。金銭的に厳しくて(笑)1か月飲めなかったときには、コラーゲンの偉大さを身をもって思い知らされます(特に肌・髪で顕著な気がします)。
この「青汁×コラーゲン」は、アサヒ緑健が長年の研究によって生み出した青汁専用大麦若葉‟むぎおう”を使用することで一般的な大麦若葉よりも豊富な栄養素を含有しています。そして、吸収性の良いフィッシュコラーゲンとヒトに近い豚コラーゲンの「ダブルコラーゲン」を低分子化して、たっぷり5500㎎(2袋)も配合しています。
コラーゲンのサポート力を短期間で実感しやすい青汁なので、オススメです!

まとめ

今回の記事では「栄養素が優れている青汁」に焦点を絞ってピックアップしてみました。青汁を飲む理由の大半は「健康になりたい、健康を維持したい」という理由のハズです。できれば栄養素がたっぷり含有された商品を選んで最短距離でゴールに到達したいですよね。「少しでも早く青汁の良さを体感したい!」という方は、今回の5つの商品から選択してみてくださいね。青汁ソムリエ(自称)のお墨付きですので、後悔はしないと思います!…多分。

それではまた、別の記事でお会いしましょう~♪

関連記事