乳酸菌入り青汁の効果って?乳酸菌のメリットとおすすめ商品を紹介

青汁にはさまざまな付加価値を高めた種類がありますが、とくに種類が多く登場しているのが乳酸菌入りの青汁です。初めて青汁と乳酸菌と聞いたとき、「体に良さそう」という印象がある一方で、「なぜ2つを組み合わせるメリットがあるの?」と不思議に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。そもそも乳酸菌にはどんな効果が期待できるのかも知っておきたいところです。

そこで今回は乳酸菌のはたらきから、乳酸菌入り青汁のメリット、おすすめ商品と注意点についてご紹介します。乳酸菌入り青汁が気になっているという方はぜひ読んでみてください。

乳酸菌の効果って?

最近、至る所で乳酸菌という言葉を耳するようになったかと思います。化粧品やサプリ、食品などさまざまなカテゴリーで乳酸菌が注目を浴びています。昔から乳酸菌はヨーグルトの有用成分として知られていますが、実はそれ以外にもさまざまな優れた効果があります。

整腸作用

乳酸菌には腸内細菌のバランスを整えて、腸の調子を整える作用があります。乳酸菌はその名前のとおり、食物繊維などのエサを食べると乳酸を発生します。この乳酸は腸内のpHを下げて、腸内環境に悪玉菌を住みにくくする作用があります。

また、菌そのものではなく、乳酸菌が生み出す物質である「乳酸菌生産物質」に優れた効果があることが分かっています。乳酸菌を摂取することで体内で乳酸菌生産物質が活躍してくれることも乳酸菌を取り入れるメリットです。

口から摂取した乳酸菌は特に吸収されたり、腸に住み着くことはほぼありませんが、通過する際にその作用を発揮します。腸内環境が食事やストレスで乱れていると乳酸菌などの善玉菌のバランスが悪くなりやすいため、外から乳酸菌を補って腸内環境の乱れを整えてあげましょう。

便通を整える作用

乳酸菌はその生み出す乳酸の働きにより腸を刺激して、動きを活発にする作用もあります。そのため乳酸菌を多く含むヨーグルトを食べると、便通が良くなったり、お腹の動きが良くなったりすることがあるのです。

ただし、乳酸菌にはさまざまな種類があり、それぞれの個人に相性があります。そのため便秘解消にすぐに繋がるということは少ないですが、摂り続けることで腸内環境の乱れを整える根本対策ができることが乳酸菌を摂取するメリットです。

免疫の働きを整える

乳酸菌と免疫の関係も最近では良く耳にすることが増えたのではないでしょうか?実は腸は免疫細胞の7割が集中する非常に大切な免疫器官なのです。その免疫の働きによって、私たちは風邪やインフルエンザなどの感染症やアレルゲンなどの外敵から体を守っています。

腸内環境では200種、100兆個以上の腸内細菌と免疫細胞が協力し合って、外敵から身を守ってくれています。実際に乳酸菌の摂取により免疫力が高まることは良く知られています。体を守るための免疫力を正常に保つためには、腸内環境を日頃から整えておくこと、また乳酸菌を上手に取り入れていくことも大切です。

コレステロールを低下させる

コレステロールは生活習慣病の発症リスクを高める要因の1つであり、とくに悪玉と呼ばれるLDLコレステロールが高くなると危険なサインだとされています。じつは、このコレステロールと乳酸菌にも意外な関係があります。

乳酸菌には血清中のコレステロールを吸着させて、コレステロールの上昇を防ぐ効果があると言われています。また、野菜に多く含まれる食物繊維にもコレステロールを上昇を抑える作用があると言われています。コレステロールが高くて気になっている方は、食物繊維と乳酸菌を組み合わせるのもおすすめです。

肌を美しく整える

乳酸菌には美肌に良い効果もあることが注目されています。肌は腸の状態を映す鏡とも言われるように、腸の中からキレイにしておくことが、肌状態を整えるためにも大切です。

肌トラブルの原因となる毒素や老廃物を溜め込まない健康な腸を維持するためにも、腸内環境を整える乳酸菌を取り入れて、腸から整えていくことを目指しましょう。

乳酸菌入り青汁に期待できる効果とは?

乳酸菌を摂取する方法としては、ヨーグルトや糠漬けなどの発酵食品や乳酸菌サプリメント、整腸剤などもあります。では、青汁と一緒に摂取するのはどんなメリットがあるのでしょうか?

お腹にいい成分を同時に摂取できる

青汁を飲むだけでも十分に素晴らしい健康習慣ですが、さらに乳酸菌を取り入れたいという方も多いと思います。しかし、ヨーグルトや糠漬けなどを毎日食べられない、青汁に加えて乳酸菌サプリを利用するというのはコスト的にも大変など、両立するのは意外と難しいものです。

乳酸菌入り青汁であれば、どんな忙しい人でも、青汁を飲むだけで一挙両得に乳酸菌を取り入れることができます。手軽に健康的な習慣を始めたいという方は、ぜひ青汁に乳酸菌が入ったタイプを選んでみてください。

栄養吸収のバランスが良くなる

乳酸菌を補給すると腸内環境が整い、本来の腸の機能を高めることができます。腸は免疫作用などの効果が話題になりがちですが、忘れてはならないのは栄養吸収・消化を行う臓器であることです。乳酸菌を補い腸内環境が良くなれば、栄養吸収の面でも整っていきます。

青汁には豊富な栄養が含まれていますが、腸内環境が乱れていて腸が汚れている状態では十分に吸収される効率も下がってしまいます乳酸菌入り青汁であれば、乳酸菌を一緒に取り入れることで腸の状態も整い、青汁に含まれる栄養も効率良く利用できるというメリットもあります。

病気に負けない健康な体づくりに役立つ

乳酸菌には免疫力を調整する作用があると説明しましたが、青汁そのものも体づくりに欠かせない栄養が豊富に含まれています。日々の栄養バランスと十分な休息が、免疫力を強化する上ではとても大切なポイントです。野菜不足や食事の偏りによって、ビタミンやミネラルが不足すると免疫細胞の働きも悪くなってしまいます。

そのため、十分に乳酸菌などの善玉菌が役目を発揮できるような土台を作るためにも、日頃から栄養状態を整えていくことが大切です。野菜不足や食生活の乱れが気になる方は、ぜひ効率よく栄養を補給できる青汁を有効活用してみましょう。

乳酸菌入り青汁はこんな方におすすめ

青汁には乳酸菌以外にも酵素入り、キトサン入りなどさまざまな種類があります。では、乳酸菌入り青汁は具体的にどんな方におすすめなのでしょう?

  • 内側からスッキリを目指したい方
  • 重たい毎日を快調に過ごしたい
  • インナーケアが気になっている
  • 季節の変わり目の体調管理が心配
  • 元気に健やかに毎日を楽しみたい
  • 美容に気を使っている
  • 健康的な体型を維持したい

以上のような目的やお悩みがある方に、乳酸菌入り青汁はおすすめです。後にご紹介する注意点を守る必要はありますが、基本的にはデイリーに飲む青汁として気軽に取り入れて大丈夫です。

一般的な青汁では物足りない、もっと効率よく健康成分を補いたいという方は、乳酸菌入り青汁を試してみてはいかがでしょうか?

乳酸菌入り青汁の選び方

乳酸菌入りの青汁と一言にいっても種類はさまざまです。乳酸菌の数が表示されていると
多い方が良いのかな?など迷ってしまうこともあるでしょう。そこで乳酸菌入りの青汁をどう選べば良いのかをご紹介します。

ベースとなる主原料も大事

乳酸菌の数や種類だけはなく、ベースとなる主成分は何かをチェックしましょう。乳酸菌も大事ですが、栄養バランスを整えるためには何を原料に使っているかも大事なポイントです。なぜなら、栄養源となるのは乳酸菌ではなく主に主原料となる野菜だからです。

青汁の主原料としては、ケール、明日葉、大麦若葉などが人気の素材です。それぞれの主原料の特徴を以下にまとめてみました。

ケール・・・野菜の王様と呼ばれるほど栄養が豊富。
      カリウム、マグネシウム、ルテイン、不溶性食物繊維が豊富。

明日葉・・・β-カロテン、ビタミンC、鉄、カリウムなどが多い。特有のカルコンを含む。

大麦若葉・・・葉酸、食物繊維、鉄分、ビタミンEなどが豊富。クセが少なく飲みやすい。

大麦若葉と乳酸菌、明日葉と乳酸菌のように、補いたい栄養や目的によって主原料を選ぶと良いでしょう。

乳酸菌の数は多い方が良い?!

乳酸菌入り青汁について調べていくと、「乳酸菌◯億個配合!」などのような広告を目にします。配合されている乳酸菌の数は多い方が優れているのか、という疑問については「相性によるが、数は多い方が良い」というのが結論です。

確かに同じ菌を摂るならば多い方が良く、菌が多いだけ腸内での働きも高くなると期待できます。ただ、それは相性にもよるところがあります。また、ヒトの体には1000種類以上もの菌が住んでいるといわれるように、多種多様な菌がバランスよく住んでいる方が良いのです。その点では数種類の乳酸菌を配合したようなタイプの青汁もおすすめです。

付加価値で選ぶ

乳酸菌入りの青汁には、他にも酵素をプラスしてダイエット対策向けに作られたタイプや、無農薬や有機栽培にこだわったタイプ、国産原料を使ったタイプなど、さまざまな付加価値がついている製品があります。また、添加物を極力抑えたタイプが良いといったニーズもあるでしょう。

乳酸菌と主原料だけではなく、安全面やプラスされている成分、添加物なども参考に選んでみましょう。さまざまなメーカーの製品があるので、よく見比べてご自身に最適の1杯を見つけてください。

おすすめの乳酸菌入り青汁

では、具体的にどんな商品があるのか見ていきましょう。ここでは人気の乳酸菌入り青汁と独自の視点で選んだおすすめの商品をご紹介します。

なにわサプリ 栄養特化型青汁VI-DA(ヴィーダ)

現代人の不足しがちな栄養素に特化して開発された野菜スムージーと青汁の融合型青汁です。九州産の大麦若葉を主体とした野菜14種類と希少なスーパーフード18種類をブレンドした贅沢な青汁です。
驚きなのは1杯でビタミンA、B1、B2、B6、B12、C、D、E、ナイアシン、パントテン酸、鉄分、葉酸の1日推奨量(※厚生労働省「日本人の食事摂取基準2015」成人女性)を摂取できる点です。
そんな栄養満点なものに乳酸菌が100億個(エンテロコッカス・フェカリス菌)が配合されており、食物繊維も4.5g、オマケにソイプロテインも配合されており、「1杯で済ませたいから生まれた青汁」と企業の商品PRでも用いられており、配合量に相当こだわったのが分かる配合量です。
価格も”なにわ価格”として配合量に対してはかなりお求めやすい設定になっており、続けやすさにこだわったのが価格面にも反映されている商品と言えます。

世田谷自然食品 乳酸菌が入った青汁

CMでもおなじみの乳酸菌入り青汁の代表的商品の一つです。大麦若葉をベースとして口当たりまろやかな青汁に、抹茶パウダー、さらに青汁成分として人気のクマザサを配合しています。乳酸菌についてはお米由来の植物性乳酸菌を使用しているので、生き抜く力が強いことも特徴です。ただし、抹茶が入っているのでカフェイン摂取に注意したい妊婦さんなどは注意が必要です。

日本薬健 25種の純国産野菜 乳酸菌×酵素

少し変わり種の商品で、乳酸菌と酵素を両方とも配合していることが特徴です。酵素は⻘パパイヤ由来酵素を採用していて、毎日の食生活とスッキリをサポートしてくれるような役目が期待できます。ベースには大麦若葉を使用し、国産野菜25種類も配合しているので栄養バランスに優れています。1パックで乳酸菌200億個も補うことができることも魅力です。

大正製薬  ヘルスマネージ 乳酸菌青汁

製薬会社というだけあって、配合する乳酸菌にこだわりがある製品です。1杯におよそ200億個もの乳酸菌、さらにビオフェルミン製薬のビフィズス菌までプラスして配合しています。また、乳酸菌には3種類の菌種を採用しているため、多くの人の菌バランスに対応するような内容であることが魅力です。また、食物繊維は不溶性:水溶性=2:1と黄金バランスで配合しているため、飲むだけで食物繊維の理想的比率に近づけることができます。

効果的なタイミングと飲み方

乳酸菌が入っているということで、いつ飲むのが良いのかと悩んでしまう方も多いかもしれません。乳酸菌入り青汁を飲む場合には、どんなタイミングで飲むのがベストなのでしょうか?

基本的にはいつでもOK

青汁は食品であることからも、特に決められた飲み方やタイミングはありません。製品ごとに定められた適量と飲み方を参考に、飲みやすいタイミングで続けることが一番大切です。

もし飲み忘れてしまうならば、毎朝の食事のルーティンとする、外に持ち歩いてオフィスで必ず飲むようにする、寝る前に飲むなど、生活に馴染む方法で取り入れてみましょう。青汁も乳酸菌もすぐに効果が出るものではないので、まずは長く続けていくことを目指しましょう。

食事の後や空腹ではないタイミング

乳酸菌は酸の影響を受けやすいため、空腹時に摂取すると菌の大半が死んでしまう可能性があります。胃酸は強酸であるため、空腹時飲むと生きたまま菌が届かなくなってしまうのです。死んだ菌も腸内細菌のエサとなるので無駄ではないですが、菌そのものの生きた力を実感するには生きたまま腸まで届けることが大切です。

そのため、空腹時を避けて食後に飲むようにするというのも手です。ただ、乳酸菌入り青汁をお腹いっぱいの状態で飲むというのも辛いかと思います。お好みやライフスタイルに合わせて、効果的に乳酸菌を補うことができる方法を見つけてみましょう。

ヨーグルトや牛乳・豆乳と混ぜても好相性

乳酸菌入り青汁はどんな味なのかと気になる方も多いかもしれませんが、基本的に乳酸菌自体に強い味はないため飲みやすくなっています。少し酸味を感じることもありますが、一般的な青汁と風味は大きく変わらないと言って良いでしょう。

そのまま水に溶いて飲むもの良いですが、ヨーグルトや牛乳、豆乳などと合わせてもマイルドで飲みやすくなります。とくにヨーグルトには乳酸菌が多く含まれているので、乳酸菌の摂取を強化したい方におすすめです。

乳酸菌入り青汁の注意点

乳酸菌入り青汁は基本的に安全性が高いものです。しかし、高濃度に栄養が入っているという青汁の特性に加えて、乳酸菌が豊富に含まれているということで、注意すべき点もあります。次の注意点をよく確認して、安全に取り入れてください。

摂り過ぎによる下痢や軟便に注意

青汁には腸を刺激する食物繊維が豊富に含まれています。さらに乳酸菌が入っているとなれば、さらに腸内環境に変化を与える可能性があり、とくに下痢や軟便、腹痛などには注意が必要です。

最初は少しずつ様子を見るためにも、少ない量から取り入れてみましょう。少しずつ体がなれてくると自分にとっての適量が分かるようになるはずです。

便秘や不調が治るものではない

乳酸菌入り青汁を便秘解消のため、不調の改善のためなどに取り入れる方も少なくないはずです。青汁はとくに強い効果や即効性があるわけではなく、乳酸菌が入っても変わりはありません。

青汁は少しずつ体を整えていくために取り入れるもので、すでに起きている不調を治す効果は無いと思っておきましょう。逆に飲み始めてから体調が悪くなった、気になる変化があったという場合も同様です。

妊娠中や治療中は医師に相談してから

青汁を妊娠中に飲みたい、治療中の食生活に取り入れたい場合もあるでしょう。基本的に医師に何らかの指導を受けている場合には、自己判断で決めないことが大切です。例えば、青汁には豊富にカリウムが含まれるため、腎臓の機能が低下している場合は思わぬ副作用が出ることもあります。

また、妊娠中は普段とは違って、さまざまな物質に対してデリケートな時期になります。とくにカフェインが入っているタイプは妊娠に影響する可能性があるため、妊婦さんが飲んでも大丈夫なノンカフェインタイプを選ぶようにしましょう。乳酸菌を摂取すること自体も念のため医師に相談していただいた方が安心です。

乳酸菌入りの青汁で内側からキレイな毎日を

今回は乳酸菌を配合した青汁について解説してきました。気になる疑問は解消されましたか?栄養が豊富に含まれる青汁に、健康に良い働きのある乳酸菌を組み合わせることで、さまざまなメリットがあることが分かったかと思います。

さまざまなメーカーから乳酸菌入りの青汁が登場していて、特徴もそれぞれに異なります。乳酸菌が入っているという点だけでなく、味や価格なども含めて総合的なバランスが優れている青汁を選ぶようにしましょう。ぜひお好みのタイプを見つけて、健康のため美容のために取り入れてみてくださいね。

関連記事