【寝ながら楽して痩せられる!?】 オーバーナイトダイエットを徹底解明

色々なダイエット法を試したけど、どれも辛くて続かない。そんな方におすすめしたいオーバーナイトダイエット。なんと辛い食事制限や激しい運動は一切ありません。今回はこのオーバーナイトダイエットの詳細についてご紹介します。ストレスフリーで効率良く痩せましょう!

オーバーナイトダイエットって何?

オーバーナイトダイエットとは、高タンパク質の食事を摂りながら毎日8時間しっかりと睡眠をとり、週に1〜2日間は3食すべて高タンパク質スムージーに置き換えプチ断食を行う方法です。

スムージー断食を行う日以外は高タンパク質の食事を心がけ暴飲暴食をしなければ、基本的に何を食べても構いません。(なるべく自炊した食事がおすすめ)

このダイエット法は、ボストン・メディカル・センターのキャロライン・アボヴィアン医師が考案した医療系ダイエットプログラムで、高タンパク質の食事により筋肉量を維持しながら代謝を上げることを目的としています。

オーバーナイトダイエットで痩せる仕組み

なぜオーバーナイトダイエットで痩せるのかというと、高タンパク質な食事の摂取とたっぷりとる睡眠時間に秘密があります。
以下で詳細を解説します。

高タンパク質な食事で代謝が上がる

高タンパク質の食事を継続して摂取することで、筋肉量が維持され代謝が上がります。
基礎代謝が上がると日中や睡眠時など運動をしていなくても消費エネルギーが増え、痩せやすい体質になります。


さらに週1〜2日間行うプチ断食日に飲むスムージーはある程度使う材料が決められています。

高タンパク質な材料と食物繊維やビタミン、ミネラルの多い野菜や果物を使用するため腸内環境が整いやすく、固形物を口にしないので内臓をしっかりと休めることができるのです。

内臓が休まると体の毒素や不要物が排出され、普段消化に消費されていた栄養素が体の隅々まで行き渡るため美肌効果やデトックス効果も期待できますよ。

睡眠中のグレリンとレプチンが食欲に影響する

睡眠不足になると、食欲を増す「グレリン」というホルモンが大量に分泌され、逆に食欲を抑制する「レプチン」というホルモンの分泌が少なくなりがち。

逆にぐっすり眠るとレプチンの分泌は増え、さらに成長ホルモンも多く分泌されます。

成長ホルモンは傷ついた細胞を修復するだけでなく、代謝を促進し、脂肪を燃焼する作用もあります。

つまりしっかりと睡眠をとれば食欲が抑制され脂肪も燃焼されやすくなるのです。

質の良い睡眠でぐっすり眠ると一晩で約300kcal消費が可能

前項で述べた「グレリン」と「レプチン」、成長ホルモンの作用により、深い眠りにつくと一晩で約300kcal消費することも可能です。

ただしこれだけのカロリーを消費するには睡眠の質も上げなければなりません。
質の良い睡眠には寝る時間帯を整えることが必要不可欠。
私たち人間の体は約24時間周期で体内時計が備わっています。
さらに約12時間おきに2つの生体リズムがあり、その中に「活動期」と「休息期」の周期が交互に繰り返されています。

2つの生体リズムの中の休息期が重なるのが午前0時〜4時といわれ、この時間帯に睡眠に入っていると質の良い睡眠がとれやすく成長ホルモンが多く分泌されます。
オーバーナイトダイエットでは、8時間睡眠となっていますが海外の実験では7〜8時間睡眠の人が1番肥満リスクが少ないことがわかっています。

8時間睡眠が難しい方は、最低でも7時間は睡眠を摂るようにしましょう。

ダイエットホルモン「コルチゾール」で脂肪燃焼&糖質分解

しっかりと眠った後には「コルチゾール」というダイエットホルモンも分泌されます。

コルチゾールは睡眠中に体に溜まった脂肪や糖をエネルギーに変えることで血糖値を一定に保ち、起床後にしっかり活動できるよう準備してくれています。

睡眠中は分泌が抑制されていますが、夜明け前くらいからコルチゾールの分泌が増え体のリズムを整えてくれます。

オーバーナイトダイエットのメリット

オーバーナイトダイエットによるメリットをまとめると以下の通りになります。
これらの効果を希望する方は、オーバーナイトダイエットを実践してみましょう。

  • ダイエットによるストレスが少ない
  • 筋肉が落ちにくい
  • 寝てる間に脂肪を燃やし、糖質を分解してくれる
  • 脂肪が溜まりにくく痩せやすい体質になる
  • リバウンドしにくい
  • お腹周りや下半身も痩せる

オーバーナイトダイエットの効果的なやり方

オーバーナイトダイエットの具体的なやり方をまとめると、以下の①〜④のようになります。
ダイエット期間中は必ずこのルーティンを守るようにしましょう。

①1週間に1日は決まった曜日を設定し、3食全てスムージーだけの日にする。
②0時〜4時を含めた時間帯で質のよい睡眠を8時間とる。
③なるべく自炊した高タンパク質な食事を心がける。
④スムージー断食デーを2日間設ける場合、2日間は間隔を空ける。

オーバーナイトダイエット用スムージーレシピ

オーバーナイトダイエット用のスムージーレシピは以下のような一定のルールが存在します。
スムージーを作る際は、以下の箇条書きを参考にしましょう。
さらにすぐに作れる人気レシピについてもいくつかピックアップしています。

  • フルーツは2種類まで入れる。
  • 野菜は3種類まで入れる。
  • プロテインパウダー(30g)もしくは無脂肪のギリシャヨーグルト(250g)を加える。
  • スキムミルク(120ml)、ココナッツウォーター(120ml)、低カロリーで無糖のココナッツミルク(50ml)、低カロリーで無糖のフルーツジュース(50ml)のどれかを加える。
  • チョコレートシロップやカカオパウダー、コーヒーシロップ、ラムシロップ、シナモンなどの小さじ1程度のシロップやパウダーも2種類まで入れる。

「チョコレートバナナスムージー」のレシピ

プロテインパウダー(30g)、バナナ1本、無脂肪のチョコレートシロップ(大さじ1)、スキムミルク(250ml)、氷(ひとつかみ分)をミキサーにかける。仕上げにシナモンパウダーを振ると風味がアップしますよ。

「グリーンスムージー」のレシピ

無脂肪のギリシャヨーグルト(250g)、氷(ひとつかみ)、キュウリ(1/2本)、にんじん(1本)、トマト(1本)、セロリ(スティック1本)、ほうれん草(2つかみ)、塩・コショウを適量入れ、ミキサーにかける。

「アボカドスムージー」のレシピ

アボカド1/2個、プロテインパウダー30g、ギリシャヨーグルト80g、スキムミルク120ml、ココナッツミルク50mlをミキサーにかける。ラムシロップ小さじ1、レモン少々を仕上げに入れると飲みやすくなります。

「トロピカルスムージー」のレシピ

プロテインパウダー(30g)、バナナ(1本)、マンゴー(85g)、低カロリーで無糖のココナッツミルク(50ml)、水(250ml)、ほうれん草(3つかみ)をミキサーにかけます。仕上げにバニラシロップを振りかけるとデザート感覚で飲めますよ。

オーバーナイトダイエットの注意点

オーバーナイトダイエットにはどのような注意点があるのでしょうか?
以下で順番に解説します。

摂取カロリー>消費カロリーは忘れない

代謝を上げてくれるオーバーナイトダイエットですが、ダイエットは摂取カロリーを消費カロリーが上回ることが大前提。

基本的に食事制限や運動は必要ないオーバーナイトダイエットですが、プラスして運動や腸活を取り入れるとさらに結果を出しやすくなります。

とくに高タンパク質の摂取している期間は筋力がつきやすくなっています。筋力がつくと、体が引き締まるだけでなく、さらに代謝アップが実現します。

オーバーナイトダイエット期間中はトレーニングなどで、運動量を増やすようにしましょう。

食べ過ぎは厳禁

スムージー断食デー以外の週5日〜6日間は高タンパク質な食事を意識し暴飲暴食をしなければ基本的に何を食べても構いません。

ただし糖質量の多そうな食事やジャンクフードの食べすぎには注意が必要です。

なるべく自炊した食事メニューを多く取り入れ、糖質摂取が増えやすい味の濃い食事は控えるようにしましょう。

オーバーナイトダイエットの口コミ

オーバーナイトダイエットを実践することによって8時間睡眠でスッキリしたとの意見が多いようです。
また、ゆで卵やプロテインパウダーを活用して効率よく高タンパク質な食事を摂取している方も多くいます。

さらに腸活や菌活を意識したい方は、納豆やヨーグルト、米麹甘酒などを活用するのもおすすめ。
食事制限も少なく、ストレスフリーで痩せれるのも高評価されているポイントです。

ストレスフリーでダイエットしよう!

寝る事と食べることが好きな方にとって、オーバーナイトダイエットは画期的はダイエット法といえるでしょう。
ダイエットはいかにストレスを減らすかが継続するモチベーションにつながります。
自分に最適なダイエット法でストレスフリー&キレイに痩せましょう。

関連カテゴリー

関連記事